いとう歯科医院  文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大 電話番号03
文字のサイズが変更できます
昭和9年に祖父高秋が開業して以来・・・。おかげさまで「いとう歯科医院」は地元松庵で70年を超えました。いつまでも健康で長生きして欲しいから。いとう歯科医院は高齢の方にも安全安心な保険で治す入れ歯専門の歯医者です
ホ-ム保険で治す入れ歯とは費用に対する考え方なぜ入れ歯が早く快適に修理、調整、作製できるのか?症状別、治療方法のご案内料金表保険で行なった治療の症例よくある質問担当歯科医師あいさつ治療方針患者さんの声設備紹介院内風景プライバシーポリシー診療時間・地図・休診日のお知らせメールによる問い合わせはこちらサイトマップ
いとう歯科医院
いとう歯科医院
ご相談、ご質問はこちらまで 地図 地図
いとう歯科医院
当院の保険治療の入れ歯
いとう歯科医院 いとう歯科医院
いとう歯科医院 保険で治す入れ歯とは
いとう歯科医院
いとう歯科医院 費用に対する考え方
いとう歯科医院
いとう歯科医院 なぜ入れ歯が快適に修理、調整、新製できるのか
いとう歯科医院
いとう歯科医院 症状別、治療方法のご案内
いとう歯科医院
いとう歯科医院 料金表
いとう歯科医院
いとう歯科医院 入れ歯治療の症例
いとう歯科医院
いとう歯科医院 よくある質問
いとう歯科医院
医院案内
いとう歯科医院 いとう歯科医院
いとう歯科医院担当歯科医師あいさつ
いとう歯科医院
いとう歯科医院治療方針
いとう歯科医院
いとう歯科医院患者さんの声
いとう歯科医院
いとう歯科医院 設備紹介
いとう歯科医院
いとう歯科医院院内風景
いとう歯科医院
いとう歯科医院 プライバシーポリシー
いとう歯科医院
いとう歯科医院 診療時間・地図・休診日のお知らせ
いとう歯科医院 メールによる問い合わせはこちら
いとう歯科医院
いとう歯科医院 サイトマップ
いとう歯科医院
いとう歯科医院

よくある質問

いとう歯科医院 いとう歯科医院
いとう歯科医院
多くの患者さんが
 ・これから自分は入れ歯になるのだろうか?
 ・どんな治療をされるのだろうか
と不安を持っています。

また現在入れ歯を使っている方や治療を受けられた方も
 ・このままでいいのだろうか
 ・どのように入れ歯や自分の歯をメンテナンスすればいいのか
と疑問を持たれている方が多いです。

私たちも説明を心がけていますが
念のため確認しておきたいこともあるかと思います。

そこで入れ歯や治療に関してよく質問されることとその答えについて書きました。
参考にしていただければ幸いです。

保険で治す入れ歯とは 歯科医院のかかり方

保険で治す入れ歯とは 保険? 自費? 入れ歯にかかるお金について

保険で治す入れ歯とは 入れ歯の扱い方

保険で治す入れ歯とは 入れ歯が痛い

保険で治す入れ歯とは 入れ歯がゆるい

保険で治す入れ歯とは 入れ歯の違和感

保険で治す入れ歯とは 入れ歯が壊れた

保険で治す入れ歯とは 入れ歯の見た目が気になる

保険で治す入れ歯とは 入れ歯で噛めない

保険で治す入れ歯とは 入れ歯でしゃべれない

保険で治す入れ歯とは なるべく削らないでほしい

保険で治す入れ歯とは 歯を抜くことについて

いとう歯科医院
いとう歯科医院
いとう歯科医院  
保険で治す入れ歯とは歯科医院のかかり方
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q37 時間がかかってもいいので一回でまとめて治療してほしい

Q36 一度で治療を完了してほしい

Q32 治療途中で通院をやめてしまいました。
また行っても大丈夫でしょうか?


Q3 歯医者にずっと通っていないので歯がボロボロで恥ずかしいです。
ひさしぶりに行っても大丈夫でしょうか。


Q1 高齢の人の治療で、とくに気をつけている点はありますか?

Q37:時間がかかってもいいので一回でまとめて治療してほしい


朝8時30分か午後2時にいらしてください。
土曜は午前のみの診療です。木、日、祝日はお休みです。

いとう歯科医院は予約制ではありません。
朝早く、あるいは午後早く来院していただけるとまとめて治療ができます。
半日~1日くらい歯科医院で過ごすつもりでお越しください。

体の不自由な方
遠方からいらっしゃる方
忙しい方など

歯医者に長期間にわたって何度も通院するのは大変なので
出来るだけ一回でまとめて治療してほしいという方は数多くいらっしゃいます。

ただ歯の根をを消毒して3~4日は様子を見てもらわなくてはならないとか
技工所に発注して作るときなど日数と回数かかることもあります。
進め方は最初によく相談して納得のいく方法で治療できればいいと思います。

《参考》
保険治療の症例 24
保険治療の症例 29

▲ページトップヘ


Q36:一度で治療を完了してほしい


そのようなご要望も言っていただきたいと思います。

足などが不自由で通院が大変
学生さんは自由に休みが取れない
明日から出張なので通えないなど

様々な事情があります。
一番大事なことは痛みが出るなどの危険を最小限にするための治療を行なうことです。

虫歯の治療で、良く効くけど痛みが出る可能性も高い薬は使わない
歯にフタをすると痛みが出る可能性があるので
消毒の効果はある程度保ちつつフタをしないで様子を見るなど
治療方針を柔軟に変えて対応します。

入れ歯も、長持ちする材料で張り替えていく治療をするところを
長持ちはしないけれど柔らかい違和感の少ない材料で張り替えて一回で完了にする。
そしてそのまま様子をみていただくこともできます。

それで予想以上に長持ちすることも多いです。

遠慮しないで言っていただければ一日でできる治療を全力で行ないます。
ただ1か月に1回でも通えればかなり良く治療できます。
遠慮して1年間来ないよりもずっと良いです。

《参考》
保険治療の症例 24
保険治療の症例 29
保険治療の症例 44

▲ページトップヘ


Q32:治療途中で通院をやめてしまいました。
また行っても大丈夫でしょうか?

大丈夫です。

治療が終わらないうちに通院できなくなり間があいてしまうと
歯医者に行きにくくなるという話をよく聞きます。
患者さんが気にするほど歯科医の方では気にしていません。
私たちも気持ちはよく分かるつもりです。

患者さんは歯科医院で治療している間は
歯や歯磨き、歯医者のことを考えていらっしゃることでしょう。

でも歯科医院から一歩外に出たとたんに
歯医者のことなんて、きれいさっぱり忘れてしまうものです。
これは普通のことですので気にしないでください。

これは他にも同じことが言えます。
私も車に乗る時いつも思うことがあります。

「あっ、今日こそは洗車しなきゃ」って。
運転している間はあちこちの汚れが気になるんです。

でも降りると洗車のことなんて、きれいさっぱり忘れてしまう。
仕事のことや家族のこと、今日のご飯のこと、飼っているカメのエサやりのことなど
他に考えることがいっぱいあります。

こうして車はあいかわらず汚れたままで…。
私は車の仕事をしているわけではありませんから
車のことを考えるのはたぶん頭の中で1%くらいではないでしょうか。

患者さんの歯医者への意識もそのくらいかなと思っています。
もちろん意識してもらえるような努力を私たちもしています。
それでもちょっと用事があれば歯医者に行けなくなってしまうこともあります。

「治療の途中でずっとさぼったままでした。大丈夫でしょうか?」
と言って久し振りに来られる患者さんはめずらしくありません。

大丈夫ですしムシ歯の治療はひと月に一回とか
少しずつでも続けていったほうが確実に良くなります。

ムシ歯は痛みが一時的におさまっても自然に治ることはありません。
そのまま放置すると少しずつ悪くなっていきます。
治療途中の仮の詰め物は仮にフタしているだけなので
外れやすく ばい菌が入りやすいです。

型を取ったまま何ヶ月も放置すると
出来上がっている入れ歯や詰め物が入らなくなってしまいます。
歯を抜いたままにしておくと
隣の歯が動いて咬み合わせなどにも影響が出てきます。

歯科医は患者さんが来院した時点での最善の治療法を判断します。
間があいてしまったことなど気にしないで
時間ができたときに なるべく早く診察を受けることをおすすめします。

いとう歯科医院は予約制ではありませんので
診療時間内に来ていただければ大丈夫です。
来院した順番に診療しています。

▲ページトップヘ


Q3:歯医者にずっと通っていないので歯がボロボロで恥ずかしいです。ひさしぶりに行っても大丈夫でしょうか。


大丈夫です。
口の中のことに関して恥ずかしいという気持ちは全く無用です。


歯科医は毎日いろいろな患者さんの口の中ばかり見ています。

私は自分が経験を多く積んできた等と言うつもりはありませんが
おそらく、あなたが想像もできないような口の中も見てきていると思います。

ムシ歯の数が多ければ、どのムシ歯から治療していこうか
抜けた歯があれば、どうすれば最も良くできるかを
口の中全体を見ながら客観的に判断していくだけです。

ムシ歯は放置しておけば悪化します。
歯が抜けてからでも保険で治療して良くできます。
歯が一本もなくても総入れ歯をして良くする努力をしています。

歯医者は怖いというイメージは今でも根強いです。
何回も通うことになるのでめんどくさい気持ちもあるのかもしれません。
痛みが出ないかぎりムシ歯を放置しておく人は意外と多いようです。

「何年もほったらかしで本当にムシ歯だらけでボロボロなんです。」
と言って口を開けるのを躊躇される患者さんもいらっしゃいます。
口の中はふだん人に見せるものではないので気持ちはよく分かります。

実際に歯が一本もなくて今まで入れ歯を入れたことがありません
という方もいらっしゃいます。
そのような方でも入れ歯で調子良く食べられるようになります。
そのような場合はさすがに通う回数は多くなります。

少しでも良い口の状態にできるように一本でも多く自分の歯を残せるように
恥ずかしがらずに一日でも早く診察を受けることをお勧めします。
1か月に一度の通院でも確実に口の中は良くなります。

いとう歯科医院は予約制ではありませんので診療時間内の好きな時間に来てください。
患者さんが来た順番で治療させていただいています。

《参考》
保険治療の症例 17
保険治療の症例 20

▲ページトップヘ


Q1:高齢の人の治療で、とくに気をつけている点はありますか?


歯を抜く、削るを最小限にしています。

60代以降の方は20代、30代の人と比べて強くないため
麻酔や手術、薬に対して思わぬ反応を起こす確率が高いです。
他の病院にかかっている、薬を飲んでいることがあれば
教えていただけるとより安全に治療ができます。

いとう歯科医院では
歯を抜かないで入れ歯を入れる
なるべく削らないで少量の薬を歯につめて虫歯の広がりを防ぐなど
安全に確実な治療をするために最大限の知恵を絞っています。

逆に若い人と比べて歯が硬いため虫歯が進むのもゆっくりです。
痛い、しみるなどの症状がなければ
あまり急いで歯を削る必要がないことが多いです。

もっとも虫歯にならないわけではありません。
昔は、若い人は虫歯になる、高齢の方は歯槽膿漏で歯が抜ける、と言われていました。
今では高齢の方でも虫歯が進むことが研究で明らかになっています。

虫歯が進んでいないか、歯のグラグラという揺れが大きくなっていないか。
3ヶ月から半年に一度くらいのペースで慎重に様子を見ながら予防を心がけ
虫歯や歯槽膿漏による揺れがあればカメのように着実な治療を心がけています。

《参考》
保険治療の症例 24

▲ページトップヘ


  
保険で治す入れ歯とは保険? 自費? 入れ歯にかかるお金について
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q16 保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは、どんなところですか?

Q26 インターネットとかで最近
バネのない入れ歯があると載っていましたが
どうでしょうか?


Q20 入れ歯はどのような素材でできているのですか?
完成までにどのくらい時間がかかるのですか?


Q21 保険の入れ歯か、金属床の自費の入れ歯を作るのが良いか悩んでいます。
種類は選択できますか?


Q59 保険の入れ歯について知りたい

Q58 自費の高額な入れ歯について知りたいです。
入れ歯に何十万円もお金をかける価値がありますか?


Q22 高い素材の高額な入れ歯を勧められるのではないかと心配です。

Q18 保険の入れ歯と自費の入れ歯の料金は、どのくらいですか?

Q17 保険の入れ歯と自費の入れ歯は、どっちがいいですか?
お金をかけた方がいいのでしょうか。


Q10 保険の入れ歯やブリッジはいくらでできますか?

Q35 歯科の診療費がわかりにくい。

Q34 保険診療と自由診療についてよく知りたい。制度がよくわからない。

Q16:保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは、どんなところですか?


まずは値段が違います。
保険の入れ歯は1個約1万円で新しく作れます。
自費の入れ歯は1個30万円(税込)です。

値段の違いにはもちろん理由があります。
それをこれから説明していきます。

保険の入れ歯はプラスチックで出来ています。

プラスチックで作る利点は修理、調整がしやすいことです。
患者さんは入れ歯に何らかの「困ったこと」があります。

プラスチックの入れ歯ならば
 ・入れ歯の痛みをとる
 ・壊れた入れ歯を修理する
 ・ゆるいのをピタッとさせる
 ・しゃべりやすくするなど
自由自在に加工できます。

プラスチック以外の材料では修理などが難しいです。
あるいは出来ないことがあります。

とくに最近の歯医者が熱心に勧めたがる
インプラント
磁石を使った入れ歯
シリコンなどの新しい素材を使った入れ歯は
修理がほとんど出来ません。

まずは保険治療の範囲で「困ったこと」を治すこと。
それから「困ったこと」が起こらないような入れ歯にしていくことが大事です。



いっぽう自費の入れ歯は大部分が金属で出来ています。
だから金属床入れ歯とも呼ばれます。

金属床入れ歯の利点は3つあります。

1.「壊れない」こと。

保険のプラスチックの入れ歯は落としたりすると
簡単に真っ二つに割れてしまったり歯の部分が欠けてしまったりします。
また噛む力で割れてしまうこともたまにあります。
金属床ならばその心配はありません。

たとえば病院に長期入院したときなど保険のプラスチックの入れ歯が壊れると
病院に歯科がない限り治せません。
病院に歯科が併設されていることはあまりありません。
すると流動食しか食べられなくなってしまう。

壊れない入れ歯の価値は大きいと思います。

2.小さく薄く作れること。

違和感が少なくできます。
プラスチックだと強度を保つために厚さ、大きさがどうしても必要です。
でも金属床入れ歯ならば薄く小さくても強度があります。

金属床入れ歯にしてから食事がおいしい、と喜ばれる患者さんも多いです。

3.磨き上げられた金属の質感は「所有する喜び」があると喜ばれる方が多いこと。

保険のプラスチックは年月が経つとツヤが失われてしまいます。
少し研磨するときれいにできるのですが金属の輝きはプラスチックとは段違いです。
愛着を持って10年以上使ってくださっている方も数多くいらっしゃいます。

いっぽうで金属床の入れ歯は欠点もあります。

1.食べる、話すなどの機能は保険の入れ歯と同じということ。

だから意味がないというわけではありません。
一番言いたいことは

「保険の入れ歯でうまくいかないから
お金をかけて金属床入れ歯にすれば夢のようにうまくいく
ということはない」


ということ。

金属床入れ歯は魔法ではありません。
痛い、入れられない、話せない、食べることができない等の
うまくいかないことがあれば、今の入れ歯でそれを解決することです。

ただやみくもにお金をかけて作りなおしても
「うまくいかない新しい入れ歯」ができるだけ。

入れ歯の調子が良くないときは、まず保険治療の範囲で調整することです。
それで良くなって、さらに良いものを求められるならば
金属床入れ歯は期待通りの物になります。

2.痛い、食べにくいなどのことがある場合に調整が手間がかかる場合があること。

少しでも簡単にできるように設計に工夫していますが
プラスチックを削ったり盛り足したりするのに比べると金属は難しいです。

精度の高いと思われる入れ歯を作っても
始めは 痛い、食べにくいことはあるので調整しますし
入れ歯を作ってからの調整は、どんな入れ歯でも絶対に必要です。
3ヶ月~半年に一度の調整をおすすめしています。
定期的にお手入れしていれば手間も少なく調子よくできます。

《参考》
保険治療の症例 7
保険治療の症例 43
▲ページトップヘ


Q26:インターネットとかで最近
バネのない入れ歯があると載っていましたが、どうでしょうか?


いとう歯科医院では扱いません。

後々のメンテナンスが十分にできないからです。
バネのない入れ歯は調整、修理ができません。

材質が普通の入れ歯と異なるので
修理で使うプラスチックやウラを張り替える材料と合わないのが原因です。
年月が経って入れ歯が壊れた、痛い、歯グキと合わないなど
何かあったら新しく作り直すしかありません。

調整、修理、修理で一つの入れ歯を長く大切に使う
当院の方針とは合わないと思っています。

もちろん本当に良い物は取り入れたいので 新しい材料を売り込みに来る業者さんと話をすることがあります。
そのとき私は「その材質は調整、修理ができますか?」と聞くことにしています。

すると小声で
「いやあ~、そういう調整、修理は…できませんね…」
と言ってスゴスゴと帰ってしまいます。

2014年の時点の話ですが
バネのない入れ歯には主に4種類の材料が広く使われているそうです。
でも残念ながら調整、修理できる物は一つもありませんでした。

バネのない入れ歯は保険ではできません。
20万円~50万円が相場らしいです。
それだけお金をかけても数年で合わなくなって調整もできないから
再び作って何十万円という話をするのは私は気がひけます。

同じ仕事を保険治療で行なえば調子よく長持ちするものができます。
入れ歯の修理、メンテナンスは保険治療で数千円でできます。

バネが目立つなどの悩みもバネの調整、修理を保険で数千円でできます。
バネを短く切断したりバネの場所を変えたりして解決できることがほとんどです。
多くのケースで金属を見えなくして
見た目を良くすることもできますのでご相談ください。

《参考》
保険治療の症例 43

▲ページトップヘ


Q20:入れ歯はどのような素材でできているのですか?
完成までにどのくらい時間がかかるのですか?


保険の入れ歯はプラスチックです。
レジンといいます。
加工しやすいのが特長です。

いとう歯科医院では小さい入れ歯なら歯医者が自分で作ります。
その場合は1~2日で作れます。

大きな入れ歯の場合は技工所という入れ歯を作る専門の所に発注します。
職人技で、よりきれいに丈夫に作ってくれます。
型を採って1週間かかります。

自費の金属床はタイコニウムという硬くて錆びない金属で精密な加工で作ります。
入れ歯のフチ は プラスチック
歯 は プラスチック や 金属、セラミックの中で 口の状態に合うものを選んで作ります。
日本タイコニウム http://www.icnet.ne.jp/~ticonium/index.html
も参考にしてください。

金属床入れ歯は
1、型を採る
2、金属の部分だけを技工所で作成する
3、咬みあわせを調べる
4、歯を並べて見た目が良いかどうかチェックする
5、技工所で最終的に完成してもらう

という過程を経て作ります。2~3週間かかります。

完成して口の中に入れてから数回の調整が必要なのは
保険の入れ歯 も 金属床 も同じです。

《参考》
保険治療の症例 6
保険治療の症例 9
保険治療の症例 33
▲ページトップヘ


Q21:保険の入れ歯か、金属床の自費の入れ歯を作るのが良いか
悩んでいます。種類は選択できますか?


保険でも自費でも患者さんに選んでいただけます。
もっとも、初めていとう歯科医院にいらっしゃった方には
まずは保険の治療
を行なっています。

メリット・デメリット、あなたにはどちらが合っているかを納得いくまで説明します。
口に中にどういう問題点があるのか、どんな治療を行なうと良いのか。
保険の範囲で治療して確認してから新しい入れ歯作りを進めると
より満足のいく結果が得られます。

今使っている入れ歯で問題点を解決すると
新しく作る時も問題点に気をつけながら作れますから
安心して、より良い満足できる入れ歯ができます。

今使っている入れ歯が調子良くないのに新しく作りさえすれば良くなる
ということはありません。

そのような理由で、いとう歯科医院では
新しい入れ歯を作ることを最初から勧めることは少ないです。

今使っている入れ歯をより良くすること
より長く使っていただくこと
患者さんとより長くお付き合いしていくこと
を最優先にしています。

《参考》
保険治療の症例 33

▲ページトップヘ


Q59:保険の入れ歯について知りたい


保険の総入れ歯は、国民健康保険などの保険を使って入れ歯を作ることができます。
プラスチックのものになります。

歯を一本だけ失った方から、一本も歯がない方の総入れ歯まで幅広く応用できます
安価なこと、修理、調整が簡単にできることが利点です。

保険の入れ歯の費用、値段は上下どちらか片方で約5千円~1万円くらいです。
保険適応3割負担の場合
入れ歯本体の値段、診断料、型取りの費用、装着料等を全て含んだ料金です。

保険の総入れ歯の治療期間は通院4~5回くらい。
約1~2週間。
型取り→精密な型取り→噛み合わせの決定→仮入れ歯の試適→装着 という流れが多いです。

ただし、歯グキやアゴの形に問題があった場合などには
その治療を行なう必要があるので治療期間が長くなります。

入れ歯は新しくしても歯グキの形がだんだん変わってきて合わなくなってくるので
定期的な調整が必要です。
それは自費の高額な入れ歯でも同じです。
自費の高額な入れ歯は、より細かく調整が必要です。

保険の入れ歯は、プラスチックの強度を保つために分厚くなりやすいことは欠点です。
でもその欠点は、慣れること、時間がたつこと
入れ歯を入れてから調整をすることで克服できることがほとんどです。

違和感があったり話しにくかったというデメリットがありがちと思われます。
実際には心配いりません。
それらは舌や頬を動かす運動トレーニングをすることと慣れることで解決できます。
トレーニングのやり方もお教えします。

プラスチックの歯では噛む能力が低いとも思われがちです。
実はそうとは限りません。
アゴの強さや歯グキや咬み合わせの相性が大事です。

保険のプラスチックの歯が
食事してて疲れなくて噛みやすいと喜ばれる方も多いです。

症例によっては硬い金属の奥歯やセラミックの歯にすることもあります。
ただ、合わないとかえって食べにくくなってしまうこともあるので
慎重な選択が必要です。

そのためにもいきなり新しい入れ歯を作るのではなく
まずは今まで使い続けている入れ歯を修理したり調整したりして
最善の方法を探していくことをお勧めしています。

入れ歯の修理や調整は保険で数千円でできます。
やみくもに新しい物を作るのではなく
今まで使っていた入れ歯をより良くすることを積極的に治療として行なっています。

保険の入れ歯だと自費の高額な入れ歯と比べて
落ちたり外れたりしやすいのではないかと思われがちですが
そのようなことはありません。

逆に保険の入れ歯もうまく合わないのに
高額な入れ歯を入れれば合うということはありません。

保険の治療で、どうすればよく入れ歯が合うのかを調べることが
長く入れ歯とお付き合いするコツです。

入れ歯が合わない→スグに保険の入れ歯に作りかえる→やっぱり合わない→自費の高い入れ歯に作りかえる→合わないことがほとんど
このような流れはお勧めしません。

入れ歯が合わない→調整する、修理する→入れ歯が合うようになる→時間が経つと少し合わない部分が出てくる→少し調整するだけで合うようになる
このような流れで入れ歯を常に良くしていければ入れ歯が長持ちします。

調整、修理を何年も繰り返していると
どうしてもプラスチックは物理的な限界がきて壊れることがありますが
補強の金属線を入れるなどして修理してさらに長持ちできます。
このような修理も保険治療でできます。

あまりにしょっちゅう壊れる
ツギハギだらけで見た目も良くない
修理も難しくなる

など本当の限界が来るのは入れ歯を使って何年も後のことです。
そうなってから入れ歯を新しくすることを考えても十分間に合います。

▲ページトップヘ


Q58:自費の高額な入れ歯について知りたいです。
入れ歯に何十万円もお金をかける価値がありますか?


いとう歯科医院では初めての患者さんには金属床入れ歯は作りません。

保険の治療を通じて私たち歯科医もその患者さんの治療の勘どころが分かっている
そしてお互いに信頼関係ができていることを確認できてから
必要なら、あるいは患者さんが希望すればご案内しています。

その場でお金をもらうよりも一生お付き合いできる信頼関係を築くこと
の方が大事と考えていますのでご理解いただけると嬉しいです。

いとう歯科医院では上下どちらか1個につき30万円(消費税込)で作っています。
保険の入れ歯をしっかり使えるけれど、さらに良くしたい場合に
相談して適用するかどうかを決めていきます。

自費の高額な入れ歯は大部分が金属で出来ています。
金属床入れ歯といいます。
お金をかけて満足していただけるメリットがたくさんあります。

ただし注意していただかなくてはいけないこともあります。
歯科医師とよく話し合って納得してから作ることが大事です。
患者さんにも入れ歯についてよく知ってもらう必要があるので
出来るだけここに書いていきます。

入れ歯の大部分を金属にすることで入れ歯を薄く壊れにくくすることができます。
保険のものよりもしゃべりやすかったり違和感が少なかったり
より良い入れ歯を作れる可能性が高くなります。

金属床義歯はメリットがたくさんあります。

1.ほとんどの方に使用できます。

自分の歯が一本もない総入れ歯でも
自分の歯がある部分入れ歯でも広く応用できます。

2.入れ歯を薄くすることができるので保険の総入れ歯よりもピッタリと合って
しゃべりやすかったり違和感が少なかったりする入れ歯を作れる可能性が高いです。

3.金属は熱伝導性に優れているので食事をした時の温度感覚が自然に近くなる。

食事がおいしくなったと喜ばれる方が多いです。

4.汚れが付きにくいので清潔です。

5.壊れにくい、割れにくい、変形しにくいです。

6.部分入れ歯の場合、残っている自分の歯が抜けるか折れるかしても
金属床入れ歯ならインプラントや特殊なアタッチメントを用いた義歯と比べると
簡単な修理で使い続けることができます。

保険の華奢な入れ歯だと完全に作り替えなければいけないこともあります。

ちなみにどこの歯科医院でも
そのように考えて金属床入れ歯を作ってくれるとは限りません。
設計によっては修理ができない形で作られてしまうこともあるようです。

いとう歯科医院の部分入れ歯は、自分の歯がなくなるまでの
長い期間使うことを想定して設計、作製しています。

いっぽう金属床義歯のデメリットもあります。

1.ものを噛む能力は保険の入れ歯とあまり変わりません。

慣れるための努力が必要なのは保険の入れ歯と同じです。

2.歯グキの形が年月が経つと変わってくるので
徐々に入れ歯が合わなくなってきます。

定期的な調整が必要です。
これも保険の入れ歯と同じです。

3.まれに金属アレルギーが起こります。

金属床義歯にはコバルトクロム合金という金属が最もよく使用されます。
歯グキが赤く腫れる、かゆい、口の中が広範囲に痛い
などのことがあったらガマンしないで言ってください。

4.金属床入れ歯は壊れた場合の修理や痛い、食べにくいなどの場合の
調整が難しいことがあります。

保険のプラスチックの入れ歯なら削るのも容易です。
修理もプラスチックとプラスチックを接着するのは簡単です。

いっぽう金属床入れ歯は金属を削ったり
金属とプラスチックを張り合わせて修理したりするのに特殊な技術が必要ですし
プラスチック同士の修理に比べると不安定です。
定期的なメンテナンスが大事です。

金属床義歯を新しく作るのはは通院5~6回ほど。
約2~3週間かかります。

型取り→精密な型取り→金属の型を技工所で作成してもらう→噛み合わせの決定→仮入れ歯の試適して歯並びの確認→装着 というながれになります。

ただし歯グキや咬み合わせに問題があった場合などには
その治療を行う必要があるので治療期間が長くなります。

金属床義歯は値段が高く修理も難しいのでまず保険の入れ歯を使ってみて
より良いものにしたいという場合に使用することをおすすめしています。

また金属床義歯自体は強度が強いので
割れたり変形したりすることはほとんどありません。
それでも歯グキの形が変わってしまうことは避けられないので
定期的なお手入れが必要です。

金属床義歯はメンテナンスしないで永久に使えるということはありません。

今使っている入れ歯ではよく噛めない、入れ歯が安定しない、痛みがある場合には
金属床義歯は適当ではありません。

このような場合には金属床義歯ではなく
今の入れ歯を調整、修理して症状なく快適に使えるようにすることが最優先です。

▲ページトップヘ


Q22:高い素材の高額な入れ歯を勧められるのではないかと心配です。


高いものをムリに勧めることはありません。

とくに自費の入れ歯、自費の治療は
「お金をかければ夢のように良くなる!」と思われている方も多く
そのような内容を謳った宣伝も数多く見かけますがそれは間違いです。

金属床入れ歯の欠点として、痛い、食べにくいなどの
不都合なことがあった時に調整しにくいことがあります。

保険の入れ歯ならばプラスチックを削ったり盛り足したりすればいいので簡単ですが
金属床入れ歯は金属にそのような調整をしなければならないからです。
調整しやすい工夫もしていますが保険の入れ歯に比べると大変です。

とくに初めての患者さんの場合は入れ歯の大幅な修正が必要なことも多いです。
そのような方に初めから作業しにくい金属床入れ歯を勧めるのは無謀です。

おそらく患者さんの満足度も低くなってしまうでしょう。
高いお金をいただいて満足してもらえない仕事はできません。

高い素材のものを勧めるよりも逆に
「高いものを入れないとダメなのではないか?」と考えている方に
「保険で早く安く調子良くなった!」
とおっしゃっていただける治療を積極的に行なっていこうと考えています。

《参考》
保険治療の症例 7
保険治療の症例 9
保険治療の症例 33
保険治療の症例 43

▲ページトップヘ


Q18:保険の入れ歯と自費の入れ歯の料金は、どのくらいですか?


保険の入れ歯はプラスチックで作ります。
1個5,000円~1万円ほどです。
治療の流れや部位などによって金額が変わってきます。

自費の金属床入れ歯は上下どちらか1床で30万円(税込)です。
支払方法はカードは扱っていません。
現金を持ってきていただくか指定の口座に振り込んでいただく形になります。

▲ページトップヘ


Q17:保険の入れ歯と自費の入れ歯は、どっちがいいですか?
お金をかけた方がいいのでしょうか。


どっちがいい、と単純には言えませんが
初めて行く歯科医院では保険治療にしてもらって様子を見てみる
というのが賢明じゃないかなと個人的には思います。

お金をかけたほうがいいとは言えません。
メリット・デメリットをよく理解することが必要です。

とくに自費の入れ歯、自費の治療は
「お金をかければ夢のように良くなる!」と思われている方も多く
宣伝も数多く見かけますがそれは間違いです。

合う、合わないがあります。
口や歯の状態によっては保険の入れ歯で
じっくりと調整しながら合わせていく方が良い場合も多いです。

とくに初めての患者さんの場合
口や歯の状態が将来どのようになるのか分からないので自費の治療はしません。
はじめから「お金は払うから金属床でやってくれ!」いう方は
お断りさせていただく場合もあります。

いとう歯科医院では自費の高額な治療をムリに勧めたり
不安を煽ることを言って高額の治療を行なったりすることはありません。

これまでずっと、10年、20年…70年先にも気軽に通えるような
歯科医院を祖父と父が作り上げてきました。

技術的にも気持ちも金額もみんなが納得する形で無理なくラクに
治療を行なっていくことが一番大事だと私も父から教わってきました。

入れ歯が痛い、ゆるい、食べられない、見た目が良くないなど
まずは困っていることを解決する。

困ったことを解決するのは「治療」です。
「治療」はすべて保険でできるのが日本の保険治療の原則ですから
お金のことは心配せず気軽にご相談ください。

《参考》
保険治療の症例 7
保険治療の症例 43
▲ページトップヘ


Q10:保険の入れ歯やブリッジはいくらでできますか?


入れ歯の大きさによって5,000円から1万円くらいです。

入れ歯は保険で製作することができます。
種類や値段も豊富で選択することが出来ます。

歯が抜けたところに両隣の歯を削ってかぶせるブリッジも保険でできます。

一本分で約5,000円です。
3本のブリッジなら1万5千円くらいです。

前歯もきれいにできます。
プラスチックで歯の色を作ります。

プラスチックだとスグに変色するかもとの心配もありますが
近年は材料の進歩できれいな色が長持ちすることが多いです。

ブリッジは歯を削って作ります。
歯は削ると元に戻すことはできませんから
後戻りできないブリッジなどの治療は慎重にやるべきと思っています。

初めていらした患者さんにいきなり新しい入れ歯やブリッジを作ることは少ないです。
再接着や調整、修理できることがほとんどです。
そのような治療は保険で数千円でできますのでご相談ください。

《参考》
保険治療の症例 9
保険治療の症例 33
保険治療の症例 43

▲ページトップヘ


Q35:歯科の診療費がわかりにくい。


よく治療に費用がどれくらいかかりますか? という質問を受けます。
だいたいの目安はお答えできますので遠慮なくお尋ねください。

ただ治療を始める前にはっきりとした費用をあらかじめ提示することは難しいです。

歯科の保険治療は治療内容によって厚生労働省が定めた点数があります。
その点数によって費用が決まります。
その治療内容の分類はとても細かく複雑です。

よって治療を終えてみないとはっきりとした金額が出せない場合もあります。

入れ歯も
歯の残っている部位、バネの位置、材質、アゴの状態など
によって費用が変わります。

入れ歯の調整も使った材料によって費用が変わってきます。
治療の流れによって使う材料が変わると費用が変わるわけです。

ムシ歯の治療や削って金属の詰め物をするときもムシ歯の状態で点数が違いますし
前歯か奥歯か歯のどの部分をどのくらい削ったかによっても違ってきます。
それに検査費用などが加算されます。

そのため保険診療に関しては治療を始めてから、だいたいの費用を予測する
という形にならざるを得ないことをご了承いただけると助かります。

▲ページトップヘ


Q34:保険診療と自由診療についてよく知りたい。
制度がよくわからない。


歯科治療には保険治療と自費治療(自由診療ともいいます)があります。

保険治療では国によって決められた治療法、治療の手順や材料があり
それに従って治療します。
副作用やリスクが少なく安全に安価に治療できます。

日本では治療は保険でできるというのが大原則です。
外国では違います。
アメリカでは虫歯を削ってかぶせると1本で5~6万円かかることがあるそうです。

保険診療では患者さんは治療費を一部だけ負担すればすみます。
本来かかる金額の1~3割です。
何割かは患者さんの入っている保険によります。

1万円分の治療をしても歯科医には1千円~3千円払えばいいわけです。
経済的負担が軽くてすむという良さがあります。
残りの9千円~7千円は、歯科医がカルテを元に
国の機関に請求すると 国から支払われます。

例えば入れ歯は保険治療ではプラスチック。
自費治療では金属を使ったものになります。

歯のない部分は治さなければ食事ができないなど
生活に支障が出るので治さなければいけません。
これは「治療」ですから保険治療で入れ歯を入れることができます。
保険治療のルールに従ってプラスチックの入れ歯を入れます。

保険治療で入れ歯を1つ作ると数千円~1万円です。
部位、大きさによって値段が変わってきます。

いっぽう金属をふんだんに使った金属床入れ歯など
特別に高価な材料を使った治療では保険は適用されません。
高価な材料は保険で賄ってくれません。
よって自費治療になります。

金属床入れ歯は1つ20万円~50万円で行なっているところが多いようです。
いとう歯科医院では1つ30万円(消費税込)です。

また前歯のかぶせものは保険治療ではプラスチック。
自費治療ではセラミック(陶磁器の材料)になります。

前歯が欠けているとやはり治さなければいけない状態です。
これも「治療」ですから保険治療でかぶせて治すことができます。
保険のルールに従って金属とプラスチックのかぶせものをします。

かぶせもの1つで5000円~8000円くらいです。
部位、材質によって値段が変わってきます。

いっぽう貴金属とセラミックを使ったかぶせものなども
保険適用でないので自費治療になります。
歯1本あたり8万円~15万円で行なっているところが多いようです。

いとう歯科医院では歯一本あたり10万円(消費税込)です。

普通の入れ歯やムシ歯の治療は保険診療で十分な場合がほとんどです。

自由診療では患者さんに自費で全額を負担していただくことになります。
経済的な負担は大きくなります。

決められた枠にとらわれないために
個々の患者さんに合った方法や材料で治療ができるという良さがあります。
もっとも自費治療には利点も多いですが欠点も必ずあります。
欠点が少なければ保険治療になるはずですから。

例えば自費のセラミックは色が変わりにくい利点があります。

保険のプラスチックだと初めてかぶせた時は濡れたような艶がありますが
少し経つと艶がなくなってしまうことがあります。
歯の色がくすんだ感じです。

表面が柔らかいのですぐにすり減ってしまうのが原因です。
セラミックだとハッとするような芸術的な艶、輝きが長持ちします。

一方で自費のセラミックは咬み合わせのバランスが難しいのが欠点です。

メンテナンスしないまま年月が経つと噛み合う歯が
過剰にすり減る、かぶせた歯が折れる、セラミックが壊れるなどのことが起こります。

プラスチックのかぶせものならば
プラスチックが適当にすり減ってくれて危険を回避できる場合が多いです。

さらに最近はプラスチックも材質が良くなっているのできれいな状態が長持ちします。

だから特別にセラミックをすすめることは少ないです。

さらに物理の法則を超えるようなことは自費治療でもできません。

保険治療では取り外し式の入れ歯しか作れない状態のところに
自費治療ならブリッジ作って口の中に固定できるかというと
そのようなことはありません。
無理をして体に良いことはありません。

多くの歯科医院では保険治療と自費治療の両方を行なっています。
通常は保険で治療することが多いと思います。

より見た目を良くしたい、入れ歯をより良い装着感で着けたい、
体により影響が少ないと考えられている材料を使いたいなどの希望があるときは
歯科医とよく話し合いながら
みんなが納得するような治療法を選んでいただきたいです。

初めて行く歯医者でいきなり自費治療で何十万円というお金を払ったり
大きな手術を伴う治療などをするのは私は疑問を感じます。

いとう歯科医院で一番おすすめしているのは
まずは金額やリスクの心配をしない保険治療で治してみることです。

治療してからある程度のあいだ様子を見る、普通に生活してみる。

それで満足のいく結果が得られればそのままで大丈夫。
何か問題があれば保険治療で解決していきます。

もっと良くしたい場合は相談してください。
可能な状況ならば自費治療の紹介もします。

《参考》
保険治療の症例 7

▲ページトップヘ


  
保険で治す入れ歯とは入れ歯の扱い方
いとう歯科医院
いとう歯科医院いとう歯科医院
 

Q15 定期健診は必要ですか?

Q60 部分入れ歯の使い方について教えてください。

Q55 入れ歯の取り扱い方を教えてください。

Q5 入れ歯の治療は安全なの?

Q48 入れ歯が着色して黒くなってしまいました。どうすれば落ちますか?

Q45 入れ歯の「ヌメリ」が磨いてもこすっても取れません。どうしたら良いでしょうか?

Q44 入れ歯に臭いがついています。どうしたら良いでしょうか?

Q43 寝るときは入れ歯は外したほうが良いですか、着けたまま寝た方が良いですか?

Q25 どうしても入れ歯を新しくしたいです。できますか?

Q23 総入れ歯と部分入れ歯 の違いを教えてください

Q19 入れ歯の治療は、何回くらい通うことになりますか?

Q14 どんな歯並び、歯の数でも入れ歯ってできますか?

Q13 入れ歯が入った後の歯科医院でのアフターケアについて。

Q12 入れ歯が入った後の自分で行なうアフターケアについて。

Q11 入れ歯では将来どうなるのか心配です

Q8 入れ歯の調子が悪いときはどの程度まで調整してもらえますか?

Q9 入れ歯とブリッジとインプラントは、どれが良いでしょうか?

Q15:定期健診は必要ですか?


定期健診は一番大事です。

歯グキは年月を重ねると少しずつ形が変わってきます。
年を重ねると顔の形が変わるなど、体のどの部分でもおこる生理現象と同じです。

歯グキの形が変わることで入れ歯と合わなくなったり
入れ歯に使用している人工歯が磨耗したりして
徐々に入れ歯が合わなくなることがあります。

合わなくなった入れ歯を長い間使っていると
入れ歯を支える歯や歯グキ、アゴの関節に影響があります。

入れ歯は体の一部です。
定期的にメンテナンスすることで様々な病気の予防にもなります。

「一度治したらメンテナンスがいらない」
という歯科治療の宣伝を見かけることがありますが
そのようなことはありえません。

いとう歯科医院の患者さんでも入れ歯の調子いい状態が
10年続いている方がいらっしゃるのは事実です。
それは3ヶ月から半年に一度の定期健診を行なっているからです。

《参考》
保険治療の症例 2
保険治療の症例 7
▲ページトップヘ


Q60:部分入れ歯の使い方について教えてください。


まずは部分入れ歯とはどういうものか説明します。

部分入れ歯では入れ歯を支えるために金属のバネを歯に引っ掛ける必要があります。
バネの金属が見えるのは欠点ですが
バネの長さを工夫したりバネの位置を変えることで目立たなくすることができます。

保険の部分入れ歯の費用は約5000円~1万3000円です。
上下どちらか片方のみの値段、保険適用3割負担の場合です。

ほとんどの患者さんに使用することができます。
保険適応の場合は安価です。

部分入れ歯の治療期間は通院3~4回。
約2~3週間です。

型取り→精密な型取り→噛み合わせの決定→仮入れ歯の試適→装着
という流れになります。
ただし、歯や歯グキに問題があった場合などには
その治療を行う必要があるので治療期間が長くなります。

保険の部分入れ歯の使用に関しての注意していただきたいことがあります。

まず気を付けなくてはならないことは
入れ歯は自分の歯と同じように噛むことはできないことです。

使いこなすためにはある程度の練習・慣れが必要です。
練習の仕方はお教えします。

・義歯にとって不適当な食物
(ザーサイなどのしんなりしたものやイカなどの
弾力があって噛み切りにくいもの)があるので
新しい入れ歯を装着しはじめは避けましょう。

・最初は食べやすい食物を選び小さく切って食べるようにしましょう。

・出来るだけ両側で噛むようにしてください。

・熱い食物に気を付けてください。
入れ歯には温度感覚がないため熱いものをつい気づかずに口に入れてしまいます。

・最初は発音しにくいことがあるので
声を出して本を読むなどの発音練習をします。
練習の仕方はお教えします。

・圧迫感がある場合には入れ歯を外してしばらくしてから再び着けるようにします。
これを繰り返しながら徐々に装着している時間を長くしてください。

・痛みがある場合には入れ歯を外しておき
歯科医院で義歯の調整をしてもらいましょう。

来院する2時間前に着けて歯科医院にに来てください。
痛いので大変とは思いますが入れ歯を入れておくことで
痛い部位がハッキリするので治すことも簡単にできます。

・入れ歯を長期間着けないでいると残った歯が動いて
入れ歯が入らなくなるので注意してください。
無理に入れないでください。
歯科医院で調整するとまた入るようになります。

部分入れ歯はお手入れが大事です。

入れ歯を清潔に保つことは
残っている歯が虫歯になるのを防いだり
歯グキが炎症を起こすのを防ぐために大事です。
部分入れ歯のお手入れの方法を以下にまとめました。

・入れ歯は水を流しながら入れ歯専用のブラシを使って洗ってください。
必要に応じて義歯清掃剤(ポリデントなど)も有効です。

・磨き砂や歯磨き粉などの研磨剤は入れ歯を傷つけるので使わないでください。
食器洗い用の中性洗剤を使えばきれいになりますし入れ歯を傷つけません。

・寝るときに入れ歯を外す方は、入れ歯を良く洗って
コップや入れ歯ケースなどに水を入れその中に保管しましょう。

もっとも最近は入れ歯を装着したまま就寝することをオススメしています。
なぜなら大地震のとき、入れ歯を外していると紛失してしまうからです。

実際に阪神淡路大震災や東日本大震災のあとに
入れ歯がなくなって食事に苦労した話を数多く聞きました。
歯科医院も再開するのに時間がかかります。
できるだけ入れ歯は口の中に入れておきましょう。

・部分入れ歯に隣りあっている歯はムシ歯になりやすくなります。
いとう歯科医院では定期的な歯磨きと歯ぐきのチェックを行なっています。

・年月が経つと歯グキの形が変わってくるので徐々に入れ歯が合わなくなってきます。
半年に一度くらいの定期的な調整が必要です。

《参考》
保険治療の症例 6
保険治療の症例 9
保険治療の症例 12
保険治療の症例 34
保険治療の症例 43

▲ページトップヘ


Q55:入れ歯の取り扱い方を教えてください。


・入れ歯はプラスチックで出来ているので良く磨いてください。

・入れ歯の手入れは1日1~2度で十分です。
食事の後と寝る前に水洗をします。

・一般的な歯ブラシでも磨けますし
入れ歯用に作られた専用のブラシだとより良く磨けます。

・歯と同じ歯磨き粉は使わないでください。
歯磨き粉の研磨剤によって入れ歯のプラスチックが削れてしまいます。

食器洗い用の中性洗剤をつけるときれいになります。

・部分入れ歯の場合は、汚れやすい歯と歯の間や
金具部分、バネの部分は注意深く磨きましょう。
同じように自分の歯も、バネがかかっている歯は
歯間ブラシなどで丁寧に磨きましょう。

・入れ歯洗浄剤も効果があります。
市販の洗浄剤をよく読んでお使いください。

・寝るときに入れ歯を外す方は、入れ歯を良く洗って
コップや入れ歯ケースなどに水を入れその中に保管しましょう。

もっとも最近は入れ歯を装着したまま就寝することをオススメしています。
なぜなら大地震のとき、入れ歯を外していると紛失してしまうからです。

実際に阪神淡路大震災や東日本大震災のあとに
入れ歯がなくなって食事に苦労した話を数多く聞きました。
歯科医院も再開するのに時間がかかります。
できるだけ入れ歯は口の中に入れておきましょう。

眠るときに入れ歯を外さない方は
2~3時間は外して歯グキや歯を休ませてあげてください。

入れ歯をつけっぱなしにしてしまうと
痛くなったり臭いがするなどの原因になりますので
必ず一定の時間は外すようにしてください。

・入れ歯にとって不適当な食べ物があります。
ザーサイなどのしんなりしたものは入れ歯をつけた最初は避けましょう。
最初は食べやすい食物を選び、小さく切って食べるようにします。

・出来るだけ意識して両側で噛むように気を付けます。

・熱い食物に気を付けてください。
義歯には温度感覚がないため、つい熱いものを口に入れてしまうことがあります。

・最初は発音しにくいことがあるので
声を出して本を読むなどの発音練習をすることをお勧めします。
発音練習の方法はお教えします。
お気軽に訊ねてください。

・圧迫感がある場合には入れ歯を時々外して
しばらくしてから再び装着するようにします。
これを繰り返しながら少しずつ装着している時間を長くしましょう。

・痛みがある場合にはガマンせず来院してください。

来院する2時間前から入れ歯を入れて来院してください。
入れ歯と歯グキの痛みの部位がハッキリします。
歯科医院で入れ歯の調整をすると良くなります。

・年月が経つとアゴの形が少しずつ変わってきます。
すると入れ歯が合わなくなってくるので定期的な調整が必要です。

《参考》
保険治療の症例 6

▲ページトップヘ


Q5:入れ歯の治療は安全なの?


全身的な体の病気があっても入れ歯による治療は安全にできることがほとんどです。

部分入れ歯ならば歯を削ることはほとんど必要ありません。
少し(1ミリくらいの深さ)歯を削る場合はあります。

ブリッジに比べてずっと歯を削ることは少ないです。
ブリッジは歯を削る量が多いです。
場合によっては健康でムシ歯のない歯まで削らなくてはいけないこともあります。

骨を削るなどの手術も必要ありません。

入れ歯として使われているプラスチック、金属、セラミックなどは
人体に影響が少なく安心しておすすめできます。

まれにプラスチックや金属、入れ歯のウラを張り替える材料で
アレルギーを起こすことがあります。
口の中が赤くなった、発疹が出たなどのことがあったら遠慮なくご相談ください。

《参考》
保険治療の症例 6

▲ページトップヘ


Q48:入れ歯が着色して黒くなってしまいました。
どうすれば落ちますか?


タバコやお茶によって黒く着色することがあります。
また年月が経つとどうしても黒く着色する傾向があります。

食器洗い用の中性洗剤をつけて
歯ブラシや入れ歯用ブラシでこするときれいになります。

入れ歯用ブラシはいとう歯科医院では500円(税込)で販売しています。

歯を磨く用の歯磨き粉は入れ歯には使用しないでください。
研磨剤の作用で入れ歯のプラスチックが削れて形が変わってしまいます。

きれいにならない場合は無理にこすったりしないでお気軽に来院してください。
専用の研磨器具で磨くのできれいになります。

入れ歯をお湯で煮沸するのは避けてください。
熱で入れ歯が変形してしまいます。

▲ページトップヘ


Q45:入れ歯の「ヌメリ」が磨いてもこすっても取れません。
どうしたら良いでしょうか?


あまり汚れがついているようならば
無理してこすらないで歯科医院できれいにしてもらいましょう。

入れ歯にも歯と同じバイ菌のかたまりがこびりつきます。
デンチャープラークと呼ばれることもあります。

毎日2回くらい歯ブラシで磨いているとあまりつかないのですが
唾液の性状などにより汚れがつきやすいこともあります。

とくに入れ歯のウラの張り替えや修理を繰り返していると
入れ歯に継ぎ目や凹凸ができます。
するとこすっても落ちない汚れがつきやすいです。

新しく作った入れ歯はツルッとしているおかげか、あまり汚れはつきません。

ヌメリがどうしても落ちない場合は無理にこすらないでください。
以前きれい好きな患者さんが入れ歯をヤスリで削ってしまい
きれいなのは良いのですが形を変えてしまったことがありました。

歯科用の研磨器具で磨くときれいになるのでお気軽に来院してください。

1回の来院でできます。
この入れ歯の研磨は保険で1,000円~1500円くらいでできます。

▲ページトップヘ


Q44:入れ歯に臭いがついています。どうしたら良いでしょうか?


食器洗い用の中性洗剤をつけて
歯ブラシや入れ歯用ブラシでこするときれいになります。

入れ歯はプラスチック、陶器、金属でできています。
口の中から外してしまえばお皿などと同じものですから
食器洗い用の洗剤で洗えばOKです。
入れ歯専用ブラシは、いとう歯科医院では500円で販売しています。

なお歯を磨く用の歯磨き粉は入れ歯には使用しないでください。
研磨剤の作用で入れ歯のプラスチックが削れて形が変わってしまいます。
▲ページトップヘ


Q43:寝るときは入れ歯は外したほうが良いですか、
着けたまま寝た方が良いですか?


患者さんによって違います。
絶対にこの方が良いということはありません。
ご自身で判断していただいて結構です。

■ 着けた方がいい

・部分入れ歯は着けておくことで残っている歯の保護になります。
・自分の歯がない総入れ歯も
着けておくことで顎の位置安定して落ち着いて寝ることができます。

【注意点】
・眠るときに入れ歯を外さない方は
2~3時間は外して歯グキや歯を休ませてあげてください。
・入れ歯をつけっぱなしにしてしまうと
痛くなったり、臭いがするなどの原因になります。
・必ず一定の時間は外すようにしてください。
・入れ歯は樹脂でできていて乾燥すると変形やヒビが入ります。
・外したときは入れ歯用ケースに水を張ってその中に入れると紛失防止にもなります。

■ はずした方がいい

・一方、就寝時に口の中が乾燥して入れ歯が痛い場合ははずしてください。
・入れ歯をつけていると落ち着かなくて眠れない場合も
外して寝ることをオススメします。

【注意点】
・寝るときに入れ歯を外す方は、入れ歯を良く洗って
コップや入れ歯ケースなどに水を入れその中に保管してください。
・入れ歯は樹脂でできていて乾燥すると変形やヒビが入ります。
・外したときは入れ歯用ケースに水を張ってその中に入れると紛失防止にもなります。

質問43

※ 入れ歯用ケースはいとう歯科医院では200円で販売しています。

■ 震災後の傾向

最近は入れ歯を装着したまま就寝するのをオススメすることが増えています。
なぜなら地震など災害のとき入れ歯を外していると紛失してしまうからです。
実際に阪神淡路大震災や東日本大震災のあとに
入れ歯がなくなって食事に苦労した話を数多く聞きました。

▲ページトップヘ


Q25:どうしても入れ歯を新しくしたいです。できますか?


お勧めはしませんが、できます。

新しく作ることは数少ないですが、あります。

以前、総入れ歯が合わないという患者さんがいらっしゃいました。
調整したら良くなったのですが、それとは別に
どうしても新しい入れ歯が欲しいとおっしゃいます。

比較的新しく調子良い入れ歯があるのに
なぜさらに新しくしたいのかなとは思いました。

今良く合っている入れ歯より更に良く合った
新しい入れ歯を作るのは難しいですと父と私は話しました。

患者さんも何日も通ってくださってくださいます。
話し合っている中で私が感じたことがありました。

非常にメンタル的で微妙な問題なので
患者さんも言葉にしにくいのかもしれないのですが…。

昔作った総入れ歯に、良くない思い出があるのかなと。
毎朝入れ歯を見るたびにその思いがよみがえってしまう。
だから入れ歯を新しくして気持ちも入れ替えたい。

主観的な気持ちの問題ですから説明しにくいです。
実際に患者さんがそう話されたわけではありません。
ただそう推測して新しい入れ歯を作ることにしました。
調子良い入れ歯を使っている中で新しく入れ歯を作るのは簡単ではありません。

でも私たちは勝算がありました。
入れ歯を新しく作るときに行なう、いとう歯科医院ならではの作業があります。

それは「古い入れ歯のコピーを作る」こと。
古い入れ歯のコピーを元に型と上下のアゴのかみ合わせを採る。
それを参考に新しい入れ歯を作る。
初めから勘を頼りに作るよりもずっと精度の高い入れ歯ができます。

こうして新しい総入れ歯を作ったところ
始めから調子良く使えますと喜んでくださいました。
新しい入れ歯を気に入って使ってくださっています。
お互いに納得できるようによく話し合って新しい入れ歯を作って良かったです。

何より患者さんの「気持ち」を尊重したつもりです。

この話はレアケースだとは思いますが
無理かなと思われることでも
「もしかしたら」と考えていただいて相談してください。

全力で対応いたします。

ただ、保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
違和感、痛みを生じるので
前から使っていた古い入れ歯の方が良かった
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

《参考》
保険治療の症例 15
保険治療の症例 33

▲ページトップヘ


Q23:総入れ歯と部分入れ歯 の違いを教えてください


自分の歯があるかないかです。

総入れ歯
全ての歯がなくなった場合に使用する入れ歯です。

顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。
通常、金属やプラスチックで全面を覆います。

歯の根だけ残っている場合は
根の上に入れ歯をかぶせて外からは見えないようにしてしまいます。
歯を抜かなくても入れ歯ができます。
「残根上の義歯」といって保険治療でも認められている治療法です。

部分入れ歯
歯が残っている場合に使用する入れ歯を部分入れ歯といいます。

一般的には残っている歯に金具を使用し支えます。
抜けた歯を補うため本数により大きさが左右されます。

総入れ歯に近い状態から、1本を補う入れ歯まで大小さまざまな入れ歯があります。
残っている歯を保護する役割があったり、残っている歯が抜けたときも
入れ歯を修理することでスグに違和感なく見た目良く使えるようになります。

どちらも保険で治療できます。
 ・壊れた入れ歯を修理する
 ・痛みを取りのぞく
 ・より食べやすくする
 ・見た目を良くする
 ・必要ならば新しく作るなど。

多くのことが保険治療で数千円から一万円でできますのでお気軽にご相談ください。

▲ページトップヘ


Q19:入れ歯の治療は、何回くらい通うことになりますか?


痛い、気になるなどの治療は1回の来院で調子良くなることがほとんどです。
多くても2~3回で原因を突きとめて治療できます。

とても高齢の方やアゴの骨が小さい方など治療が難しいこともあります。
毎日でも来ていただいて大丈夫です。
満足できるまで様々な工夫をします。

最長で週1~2回のペースで半年ほど通われる方もいらっしゃいます。

3ヶ月~半年に一度くらい定期的に調整していれば
何か症状があっても1回で治せることが多いです。

《参考》
保険治療の症例 27
▲ページトップヘ


Q14:どんな歯並び、歯の数でも入れ歯ってできますか?


失った歯の数に関わらず入れ歯を使うことが出来ます。

一本も歯がありません、そして今まで入れ歯を使ったことがありません、
という方にも総入れ歯を入れることができます。
遠慮なくご相談ください。

歯を失った部分の両隣にかぶせものをしてつなぐ
ブリッジの場合は適用が限られます。
失った歯の前後に歯があることが大前提です。
他にも噛み合わせや歯、歯ぐきの条件によっては
入れ歯の方がブリッジよりも安全安心な場合もあります。

ただし、入れ歯に抵抗感を持たれる方も多いので
症状、状態に応じてできるだけ患者さんの納得いく形で治療を進めていきます。

《参考》
保険治療の症例 6
▲ページトップヘ


Q13:入れ歯が入った後の歯科医院でのアフターケアについて。


歯科医院では、どのようなアフターケアをしてくれるのでしょうか?
何か症状があってそれを治すことはすべて保険治療でできます。

おもに次のような症状について治すことができます。
遠慮なくお尋ねください。

□入れ歯が痛い

入れ歯のウラを削ります。
歯ぐきに強く当たる所をラクします。
食事をして痛い場合は咬み合わせを調整してラクになることもあります。

□ゆるい

二つの原因があります。

①入れ歯を支えるバネがゆるんでいます。
バネを締めると、しっかり感が戻ります。

②入れ歯のウラを張り替えます。
1時間ほどかかる場合もあります。

□食事ができない、食べにくい

咬み合わせを削る、あるいは盛り上げます。
ずっと食べやすくなります。

□入れ歯が欠けた、壊れた

修理します。
1時間~半日かかります。

□前歯の歯並びが良くない

入れ歯の歯を削って形を作る、あるいは新しい歯に付け替えます。
2回かかる場合もあります。

多くの場合、一回の来院で一つの症状に対して治療を行ないます。

たとえば痛いのが治ったら
次にゆるいのが気になるようになったということもあります。

その場合は別の日にゆるいのを治療していきます。
ガマンしないでドンドン来ていただければと思います。

いとう歯科医院ではいきなり入れ歯を新しく作り直すことはしません。

上に挙げた治療とこれから下で説明する入れ歯のメンテナンスを全てやりつくして、
もっと良くできると確信したときのみ新しい入れ歯を作ります。

新しい入れ歯を作ってからも
今まで使っていた古い入れ歯は大切に保存しておいてください。
袋に入れて冷蔵庫に入れておくことをオススメします。

今後おこなっていく入れ歯治療の流れです。

入れ歯は一回入れたら終わりではありません。
定期的なお手入れが大切です。
3ヶ月から半年に一度の来院をオススメしています。

半年も経つと次のことが起こってきます。

□何となく ゆるい

二つの原因があります

①部分入れ歯の場合、入れ歯を支えるバネがゆるんでいることがあります。
バネを締めると、しっかり感が戻ります。

②入れ歯のウラを張り替えます。
張り替える材料によって1ヵ月~半年に一度張り替えると良い状態を保てます。

□食べると入れ歯が外れる

咬み合わせをチェックします。
入れ歯を使っているうちに歯の咬み合わせの部分が磨耗したりズレたりします。

削るか盛り足すとアゴがラクに動くようになり食事がしやすくなります。

《参考》
保険治療の症例 2
保険治療の症例 7
保険治療の症例 10
保険治療の症例 19
保険治療の症例 41
▲ページトップヘ


Q12:入れ歯が入った後の自分でのアフターケアについて。


自分では、入れ歯をどのように扱えば良いのでしょうか?
あなたにも行なっていただきたい入れ歯の扱い方を7点書いていきます。

一人ひとり異なる点もありますから疑問に思うことがあったら遠慮なく尋ねてください。

いとう歯科医院では入れ歯を作って作りっぱなし、ということはありません。
入れ歯は作ってからが大事。
アフターケアを最も重視しています。

①食べやすいものから食べましょう。

その日から普通の食事をすると歯ぐき等に大きな負担をかけ
時には痛くなることもあるので注意してください。

新しい入れ歯を入れたら始めは小さい食べやすいものからはじめてください。
最初は少し辛抱してリハビリと考えてください。

通常はその方の限界までの食べ物は1ヶ月程度で食べられるようになります。

②入れ歯と歯グキを休ませてあげてください。

入れ歯をつけて眠る方は一日のうち4時間くらいは外すようにしてください。
歯グキと入れ歯を休ませてあげると入れ歯も歯グキも良い状態が長続きします。

入れ歯を外して眠る方はそれで大丈夫です。

もっとも最近は入れ歯を装着したまま就寝することをオススメしています。
なぜなら大地震のとき、入れ歯を外していると紛失してしまうからです。

実際に阪神淡路大震災や東日本大震災のあとに
入れ歯がなくなって食事に苦労した話を数多く聞きました。
歯科医院も再開するのに時間がかかります。
できるだけ入れ歯は口の中に入れておきましょう。

③磨いてあげましょう。

食後は入れ歯を外して歯ブラシで磨いてください。
入れ歯のニオイや歯石を防げます。
入れ歯用ブラシを使うのもオススメです(1個500円)。

磨くとき歯みがき粉はつけないでください。
入れ歯が削れてしまいます。
食器洗い用の中性洗剤をつけるときれいになります。

④水の中で保存しましょう。

入れ歯は乾燥させないようにします。
乾燥すると変型して痛くなることがあるからです。
入れ歯を外したときはフタのあるタッパーに水を張って
入れ歯を入れて保存してください。

熱湯にはつけないでください。
熱で変型・変質して入れ歯が壊れやすくなります。

⑤容器に入れて保存してください。

人に触られない場所に保存してください。
旅行の宿泊先などで入れ歯を外してチリ紙などにくるんでいると
捨てられてしまうこともあります。
私も母の入れ歯を捨てそうになったことがあります。

保存用のタッパーをいとう歯科医院で扱っています。
カメのマスコットつき300円です。

⑥割れたら持ってきてください。

入れ歯が割れたらバラバラになっていても全てのパーツを集めて持ってきてください。
1時間から半日で修理できます。

⑦半年に一度は検診を。

入れ歯は時間が経つと合わなくなります。
合わないままだと痛くなったり入れ歯が割れてしまったりします。

良い状態を長持ちさせるために半年に一度の「入れ歯の定期検診」をおすすめしています。
定期検診でかみあわせのチェックとクリーニングをすると入れ歯が長持ちします。

保険治療の症例 2
「歯があることのありがたみを実感しました」

Kさん(八十二歳、男性)は、しみじみと、そう語ってくださいました。

50過ぎたころから入れ歯とのお付き合いが始まったそうです。
入れ歯の歯と健康な自分の歯では味とか全然違うとみなさん、おっしゃいます。

なるべく長く、健康な歯でお食事するにはどうしたらいいか?
当医院では治療の際、なるべく専門用語を使わず書いた冊子を差し上げて
その中で定期的な検診をおすすめする啓蒙活動を行なっています。

「こちらも不勉強なので、勉強しないとね」と
入れ歯の調子のよくなったKさんは力強く語り
現在、3ヶ月に一度くらい、きちっと定期健診を受けておられます。

自分たちよりはるか年上の方にもかかわらず、そのまっすぐな熱心さは
私たちも見習うべきだと思いました。

▲ページトップヘ


Q11:入れ歯では将来どうなるのか心配です


保険の入れ歯は長い年月経っても安心して使えます。

長年使っていると全ての治療はお手入れ、メンテナンス、修理が必要になります。
保険のプラスチックの入れ歯はメンテナンスや修理が短時間で安く簡単に良くできます。

入れ歯は自分で取り出して簡単に清掃できます。
1日2回程度の簡単な清掃で良い環境にできるので安心です。

壊れたときも持ってきていただけば1時間から半日で簡単に修理できます。
半年に一度ほど歯科医院でメンテナンスすると快適に長持ちします。

年月が経つと入れ歯ではない自分の歯が抜けてしまうこともあります。

そんな場合でもその日のうちに入れ歯を修理して歯を継ぎ足して使えます。
これを入れ歯の「増歯」といいます。

修理、増歯も保険治療でできます。
結局保険の入れ歯は長い年月経っても安心して使えるのでみなさんにおすすめです。

30年以上前に祖父が作った入れ歯を
今でも修理とメンテナンスしながら快適に使っている患者さんが
いとう歯科医院にはたくさんいらっしゃいます。

《参考》
保険治療の症例 7
保険治療の症例 9
▲ページトップヘ


Q8:入れ歯の調子が悪いときはどの程度まで調整してもらえますか?


良くなるまで調整します。

いとう歯科医院は予約制ではないので毎日散歩がてら来ていただいて大丈夫です。
そういう方もたくさんいらっしゃいます。

入れ歯が痛い場合は調整すると「ラクになった!」という感覚が得られます。

その時も噛むと少し痛みは残りますが
ラクになった! という感じになれば
痛い部分への負担が少なくなって数日で入れ歯の痛みがなくなります。

《参考》
保険治療の症例 5
保険治療の症例 7
保険治療の症例 11
保険治療の症例 12
保険治療の症例 19
保険治療の症例 22
保険治療の症例 36
保険治療の症例 41
▲ページトップヘ


Q9:入れ歯とブリッジとインプラントは、どれが良いでしょうか?


一長一短があります。

症状、歯が欠けている場所、上下の歯の咬み合わせなどを見て
患者さんが納得する方法で治していくことをお勧めします。

入れ歯は食事や会話がしずらいと思われがちですが
使っていくうちに慣れて使いやすくなります。
見た目も入れ歯のバネが目立たないようにすることもできます。
入れ歯は保険治療で5,000円~15,000円ほどでできます。

ただ、よく診断すると実は取り外し式の入れ歯でなく
かぶせる、詰めることで対応できることも多いです。

ブリッジはしっかりと固定ができるので快適で入れ歯に比べて違和感が少ないです。

しかし、ブリッジは両隣の歯を削らなければなりません。
土台となる歯が健康であれば削らない方法を考えていきたいです。
歯は削ると元に戻すことはできませんから
後戻りできない治療は慎重にやるべきと考えています。

ブリッジも保険治療で15,000円~30,000円でできます。

インプラントは、いとう歯科医院では一切行ないません。

本当に安全なのか、長い目で見て患者さんが幸せになるのか様子を見ているところです。

インプラントをやりたい! という方には
信頼できる歯科医師をご紹介するのがスジなのですが
「インプラントならこの先生にお任せすれば大丈夫!」
という歯科医院や病院を私は一切知りません。

今ある歯やかぶせものを活かして修復や修理をして長持ちさせることを
いとう歯科医院では積極的に行なっています。

新たに入れ歯やブリッジを作る必要がないことも多いです。
歯の修復やかぶせものの修理は保険で数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 9
▲ページトップヘ


Q5:入れ歯の治療は安全なの?


全身的な体の病気があっても入れ歯による治療は安全にできることがほとんどです。

入れ歯ならば歯を削ることはほとんど必要ありません。
部分入れ歯を入れるスペースを作るため1ミリくらい歯を削る場合はあります。
それでもブリッジに比べてずっと歯を削ることは少ないです。

ブリッジは歯を削る量が多いです。
場合によっては健康でムシ歯のない歯まで削らなくてはいけないこともあります。

骨を削るなどの手術も必要ありません。

入れ歯として使われているプラスチック、金属、セラミックなどは
人体に影響が少なく安心しておすすめできます。

まれに入れ歯のバネに用いられる金属やプラスチック、
入れ歯のウラを張り替える材料でアレルギーを起こすことがあります。

口の中が赤くなった、発疹が出たなどのことがあったら遠慮なくご相談ください。

《参考》
保険治療の症例 6

▲ページトップヘ


  
保険で治す入れ歯とは入れ歯が痛い
いとう歯科医院
いとう歯科医院いとう歯科医院
 

Q110 入れ歯を入れていると顎の関節が痛い

Q42 入れ歯をいくら調整しても痛い、唇や舌が痛い、
入れ歯にピターッとくっついてしまう、味が分からないなどの症状があります。
なかなか良くならないので困っています。


Q47 口の端が切れる、または荒れるようになりました。
軟膏などを塗っているのですが治りが悪くて困っています。


Q39 入れ歯が痛い。 自然に治りますか?

Q98 口の中が乾いて入れ歯が痛いです。
とくに夜眠っているときに乾くので入れ歯を外してしまいます。


Q97 ときどき急に歯グキが痛み出すことがあります。
何日か経つと治ります。そのままで大丈夫でしょうか?


Q96 噛んだ時に、歯ぐきが痛いです。
食事のときは入れ歯を外してしまいます。入れ歯をつけて食事がしたいです。


Q95 入れ歯を入れているだけで歯ぐきが痛い。入れ歯がこすれて痛いようです。
痛いのをガマンして入れ歯を使っています。


Q83 食事中に食べ物が入れ歯の裏に入ってしまいます。
ゴマとかイチゴ、キウイの種が入るととくに痛いです。


Q76 下の入れ歯を入れるだけで下アゴの内側が痛いです。

Q75 入れ歯を入れると下アゴの奥がどうしても痛いです。

Q74 上の入れ歯を入れると上あごの真ん中が痛いです。


Q110:入れ歯を入れていると顎の関節が痛い


顎関節症の症状かもしれません。
入れ歯が原因かどうか慎重に確認する必要があります。

入れ歯が原因でアゴに症状を起こしている場合は咬み合わせの調整をします。
咬み合わせを少し削る場合とプラスチックで盛り上げる場合があります。

咬み合わせの調整は保険治療で千円から数千円でできます。

顎の関節が痛いのは顎の筋肉が原因のことが多いです。
筋肉の痛みが原因の場合は様々な治療で対処できます。

 ・マウスピースをつける
 ・麻酔薬や飲み薬などで痛みを取り除く
 ・悪影響の原因となる生活習慣をなくす

などがあります。

いとう歯科医院では高額な歯科矯正での顎関節症の治療は行なっていません。
かえって悪化することも多いからです。
顎関節症はリスクの少ない治療から行なっていくことが大事です。

後戻りできない治療を行なって、かえって悪化したら
取り返しのつかないことになってしまうからです。
後戻りできない治療は慎重にやるべきと思っています。

顎関節症は保険で治療できます。
数千円でできます。
マウスピースを作ると5,000円くらいです。

もっとも当院は顎関節症状の治療を得意としているわけではありません。
顎関節症専門、得意と表記している歯科医院さんに相談されるのも一つの手です。

《参考》
保険治療の症例 42

▲ページトップヘ


Q42:入れ歯をいくら調整しても
痛い、唇や舌が痛い、入れ歯にピターッとくっついてしまう、味が分からない
などの症状があります。なかなか良くならないので困っています。


唾液が少なくて口の中が乾燥していることが原因と考えられます。

乾燥することで起こる症状に対しては
ゼリー状の人工唾液を口の中の舌、頬の粘膜に塗ると症状が和らぎます。

寝る前に入れ歯のウラに塗ってから眠ると入れ歯が痛くなく快適に過ごせます。
いとう歯科医院ではチューブに入った人工唾液を
2,000円(税込)で販売していますのでお気軽に相談ください。

唾液が少なくなると口の中が乾燥してさまざまな症状を起こします。
入れ歯をいくら調整しても

 ・入れ歯が痛い
 ・唇や舌が痛い
 ・入れ歯にピターッとくっついてしまう
 ・味が分からない
 ・口臭がある

などです。

症状を和らげると同時に原因を探るのも大事です。
原因が分かるだけで安心することもあります。

口の中が乾燥する原因はいろいろあります。

体調やホルモンのバランスの変化、更年期の影響で一時的に乾燥することが多いです。
飲んでいる薬の副作用で唾液が少なくなることも考えられます。
血圧を下げる薬や精神に影響する薬によく見られます。

薬を変えて改善することがあるのでかかりつけの内科医などに相談することも一つの手です。
またシェーグレン症候群という全身の病気の一症状として唾液が少なくなります。
内科医に相談してみてください。

▲ページトップヘ


Q47:口の端が切れる、または荒れるようになりました。
軟膏などを塗っているのですが治りが悪くて困っています。


歯科だけでなく医科的なものも含めて様々な治療法があります。
歯科では咬み合わせを高くしたり、入れ歯を新しくすることで治る場合もあります。

口の端が切れるのは、つらいものです。
口を大きく開けると痛かったり思うように食事ができなかったりします。

原因はいくつかありますが、入れ歯の高さが低くなると口の端が切れやすくなることがあります。
奥歯がすり減ったり入れ歯やアゴの状態が変わることで
入れ歯の咬み合わせが低くなると口の端がつぶれるようになります。

口が「へ」の字になる、といえばイメージしやすいでしょうか。
すると負担になって口の端が傷になってしまう。

低くなった入れ歯に対しては新しい歯に交換したり
減った部分だけを入れ歯用プラスチックで盛り上げると解決できます。

入れ歯に大きな変化を起こすので4~5回の来院が必要になる場合があります。
費用としては保険で数千円でできます。

他にも長年使っている入れ歯で見られるのですが
入れ歯の中に繁殖したカビ類によって痛みを引き起こすことがあります。
カンジダ症といって体調が優れないときに痛みや腫れを引き起こします。

新品の入れ歯を作るとかなり症状が軽減します。

もっとも口の端が痛い症状は歯科ではない原因もたくさんあります。

体調の変化、口唇ヘルペス、栄養のバランスなどによっても起こりますので
歯科のことが原因でなければ内科医を受診するなど必要なこともアドバイスしています。

《参考》
保険治療の症例 14
▲ページトップヘ


Q39:入れ歯が痛い。 自然に治りますか?


入れ歯の痛みは自然に治ることはありませんが
歯科医のもとで調整すればすぐに治ります。

長年使っているうちにわずかなズレが生じ、部分的に不自然な圧力がかかって
歯グキを傷つけてしまうことが痛みの原因です。
削って研磨することで改善できます。

質問39

歯グキは形が変わります。
これは長い年月が経つと顔の形が変わってくるのと同じで
体のどこの部位でも起こる生理現象です。

最初はピッタリしていた入れ歯でも
歳とともに歯グキとあわなくなるのは自然な現象です。

そのまま放置しておくと、ますます痛くなります。
入れ歯の調整は通常1~2回の来院で完了します。

保険が適応できるので治療費は千円~数千円です。
どうかガマンせず早めに来院してください。

《参考》
保険治療の症例 10
保険治療の症例 11
保険治療の症例 19

▲ページトップヘ


Q98:口の中が乾いて入れ歯が痛いです。
とくに夜眠っているときに乾くので入れ歯を外してしまいます。


様々な理由で口の中の唾液が少なくなることがあります。

ゼリーのような人工の唾液を塗ると楽になります。
乾くな~と思ったら口の中に塗ると夜寝るときも快適に過ごせます。

いとう歯科医院でチューブに入った物を2,000円(税込)で販売しています。

私は1年間ほどですが、介護施設で診療をさせていただいた経験があります。
口の中が乾く患者さんは多かったです。
その時に人口唾液が大活躍しました。

薬の影響、疲れた時、体調の生理的な変化で一時的に唾液の分泌量が減る
唾液や涙などの分泌そのものが減る
シーグレン症候群という全身的な病気など原因がたくさんあります。

口の中が乾くのは決して珍しい病気や状態ではありません。

あまり乾くのが長く続くようなら、気のせいにしないで相談していただきたいです。
他にも症状が重なっていれば内科などを受診することも必要です。

▲ページトップヘ


Q97:ときどき急に歯グキが痛み出すことがあります。
何日か経つと治ります。
そのままで大丈夫でしょうか?


どうして痛くなるのか分からないと不安なものですね。

歯グキが痛む原因が分かると、まずは安心して過ごせます。

細菌が原因で腫れていることが多いです。

年末や週末などに疲れがたまった時に歯グキに症状が出ることがあります。
少しの腫れならば消毒薬を塗って腫れの原因となっている細菌の活動を押さえます。
1回治療してから数日で治ることがほとんどです。

また歯グキの中に歯の根だけが残っている場合があります。
根の先端部が腫れて痛むこともあります。
何もしなくても数日で治ることが多いですが
痛みと腫れが1週間も続くようならば
抗生物質という細菌をやっつける薬を3日間くらい飲むと治ります。

場合によっては歯の根を治療する必要があります。
根の治療をすると4~5回の来院が必要です。

歯グキの治療は保険治療で千円から数千円でできます。
歯の根の治療は保険治療で数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 11
保険治療の症例 21

▲ページトップヘ


Q96:噛んだ時に、歯ぐきが痛いです。
食事のときは入れ歯を外してしまいます。
入れ歯をつけて食事がしたいです。


噛むと痛いのは原因がいくつか重なって起こっていることがあります。

 ・咬み合わせが合っていない。
 ・歯グキと強く当たっている点がある。
 ・部分入れ歯の場合、実は入れ歯ではなく自分の歯がムシ歯や歯周病でグラグラして痛い。
 ・入れ歯を支えるバネが壊れていて噛むと入れ歯が動いて痛い。

など、いろいろな原因を探しながらの治療になります。
数回通うつもりで来てください。

痛みを取る治療は保険でできますので安心して相談してください。

入れ歯の調整は保険治療で千円から数千円くらい。
歯の治療が必要な場合でも一万円かかることはあまりありません。

《参考》
保険治療の症例 5
保険治療の症例 11
保険治療の症例 13
保険治療の症例 19
保険治療の症例 21
保険治療の症例 28
保険治療の症例 30
保険治療の症例 31
保険治療の症例 39
▲ページトップヘ


Q95:入れ歯を入れているだけで歯ぐきが痛い。
入れ歯がこすれて痛いようです。
痛いのをガマンして入れ歯を使っています。


そのうち治ることはありません。
痛いのを「そんなはずはない」とガマンしないで
治すことをオススメします。

原因は1ミリほどの一点であることがほとんどです。
入れ歯の一部分が歯グキに当たっていると痛みを起こします。

歯グキは生きている体ですから年月とともに形が変わります。
すると入れ歯と合わない部分が出てきます。

また入れ歯がほんの少し変形しても歯グキは敏感にそれを感じます。
生理的にだれでもいつでも起こることです。
保険の入れ歯でも自費の高額な入れ歯でも平等に起こります。

治療法は、歯グキの痛い部分にマークをつけて入れ歯のどこが当たっているか確認する。
当たっている部分をほんの少し削る。

入れ歯を入れてラクになった! という感覚が得られれば治ります。

1~2回くらいの治療で良くなります。
入れ歯の調整は保険治療で1,000円くらいでできます。

《参考》
保険治療の症例 11
保険治療の症例 19
保険治療の症例 21
保険治療の症例 31

▲ページトップヘ


Q83:食事中に食べ物が入れ歯の裏に入ってしまいます。
特にゴマとか、イチゴやキウイの種が入ったときは痛くて食事ができません。


くだものの種など、小さいものほど入れ歯のウラに入りやすく
強い痛みを感じることがよくあります。

ガマンしないでください。
入れ歯の調整で改善されます。
質問83
食べかすが入るのは入れ歯が歯グキと合っていないことが多く
食べるときに入れ歯がほんのわずか浮き上がるためです。
入れ歯のウラを張り替えて歯グキに合わせると治ります。

保険を適応できるので治療費は千円~数千円です。

また咬み合わせが合っていないことも原因として考えられます。
普段は気にならないけれど食べるときだけ入れ歯が浮いてしまうことがあります。

前後左右に歯ぎしりしてみてください。
右にはスムーズに動くけれど左には動かしにくい、入れ歯が浮く
など違和感がある場合は咬み合わせを調整すると良くなります。

保険を適応できるので治療費は千円~数千円です。

《参考》
保険治療の症例 25
保険治療の症例 36

▲ページトップヘ


Q76:下の入れ歯を入れるだけで下アゴの内側が痛いです。


下アゴの内側が骨が出っぱっている場合があります。
その骨の出っぱりに入れ歯が当たると痛みを感じます。

入れ歯を削って当たらなくすることで治ります。

このような骨の出っぱりを骨隆起といいます。
噛む力などによって骨が異常に発達するために起こります。
また、もともと出ている人もいます。
治療写真
骨隆起が大きいと入れ歯を入れるのが難しい場合があります。
下の入れ歯は小さいので削りすぎると
入れ歯が折れてしまうくらい細くなってしまうことがあります。

その場合は入れ歯に補強の金属線を埋めて強化することで解決できます。
でも慎重に削り進めていって、うまくいくことがほとんどです。

入れ歯を削る調整も補強の金属線を入れる修理も保険治療で数千円~五千円ほどでできます。

《参考》
保険治療の症例 11

▲ページトップヘ


Q75:入れ歯を入れると下アゴの奥がどうしても痛いです。


下アゴが痛いにもかかわらず実は下の入れ歯が原因ではないことがあります。

そのような時は上の入れ歯が原因の場合があるのです。
上の入れ歯が大きすぎて下の奥の歯グキにぶつかると痛みを生じます。

下アゴの一番奥に口内炎のような傷ができます。

上の入れ歯を長年使用していて
ウラを張り替える治療を繰り返していると起こりやすいです。

上の入れ歯を削って下アゴと当たらなくすることでパッと治ります。

このような入れ歯の調整は保険治療で千円~数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 11
保険治療の症例 39

▲ページトップヘ


Q74:上の入れ歯を入れると上あごの真ん中が痛いです。


痛いのは上あごの骨が出っぱっているのが原因で起こることがあります。

自分で触ってみても確認できます。
これを骨隆起といいます。
骨の出っぱりに入れ歯が当たると敏感に痛みを感じてしまいます。

当たって痛みを感じている入れ歯の部分を削ると楽になります。

このような入れ歯の調整は保険治療で数千円でできます。
入れ歯を新しく作る時は骨隆起を避けて作る工夫が必要なこともあります。

《参考》
保険治療の症例 11

▲ページトップヘ
  
保険で治す入れ歯とは入れ歯がゆるい
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q41 上の入れ歯が落ちる、下の入れ歯が浮くなど、
長年使用していた入れ歯が最近外れやすくなって困っています。


Q61 噛むと入れ歯の一部分が早く当たり
その後全体が当たる感じがします。
なんとなくという感じなのですが気になります。
そのようなささいなことで治しに行って良いものでしょうか。
ガマンした方が良いですか。


Q65 歯が一本もなく総入れ歯を使っています。
食べると入れ歯が飛び出してしまう、
外れてしまうことが多くて困っています。


Q72 噛めるのでが、飲みこみにくいです。
飲み込む時に引っかかる感じがします。


Q77 総入れ歯だと奥歯で噛めなくて
どうしても前歯で噛むクセがついてしまっています。
前歯で噛むと入れ歯がはずれてしまい食べにくいです。


Q62 食事のときに入れ歯が外れてしまいます。
なんとかなりませんか?


Q79 最近入れ歯がゆるくなった?
何もしなくても入れ歯が浮き上がります。


Q81 あくびをすると入れ歯がはずれます。

Q82 入れ歯を新しく作っても、ゆるいです。


Q41:上の入れ歯が落ちる、下の入れ歯が浮くなど、
長年使用している入れ歯が最近外れやすくなって困っています。


保険の適用で治療可能です。
1~2回の来院で治療できます。

年月が経つと歯グキの形が変わり、入れ歯と合わなくなるため外れやすくなります。
口を大きく開けて入れ歯が外れるときは要注意です。
入れ歯のウラを張り替えて歯グキの形と合わせると
また元のように歯グキと入れ歯がピッタリと合うようになります。

(入れ歯のウラを張り替える治療:来院数1~2回、保険適用 数千円)

また長い年月の間に歯がすり減って形が変わり
入れ歯が外れやすくなる力が加わってしまうこともあります。

カチカチと噛んで入れ歯が外れる場合は咬み合わせの調整が必要かもしれません。
調整して噛む力のバランスを整えると入れ歯がピッタリと合うようになります。

(入れ歯の咬み合わせの調整:来院数1~2回、保険適用 1,500円~数千円)

質問41
ほんの少し外れやすいかな、なんとなく外れやすいかな
くらいの症状でも意外と入れ歯は大きく変形していることがあります。

「この程度のことで歯医者に行ってもいいのかな?」と思われる方も多いのですが
「ほんの少し、なんとなく」のうちに来院していただくと
大きな症状になる前に簡単に調整できます。

《参考》
保険治療の症例 10
保険治療の症例 29
保険治療の症例 41

▲ページトップヘ


Q61:噛むと入れ歯の一部分が早く当たり、
その後全体が当たる感じがします。
なんとなくという感じなのですが気になります。
そのようなささいなことで治しに行って良いものでしょうか。
ガマンした方が良いですか。


表現しにくいし小さなことのように思ってしまい
痛くはないし食べるのにも困らないからとガマンする方も多いです。

実はそのまま時間が経つと大きな症状につながる、とても気になる症状です。

ガマンしないで一回の来院で治すことをお勧めします。

入れ歯の一部分の歯が高くなっているかもしれません。
噛むと高い歯が早く当たって気になる感じを引き起こします。
咬み合わせを削ることで治ります。

ずっと調子良く使えていた入れ歯でもある日突然このような症状が出ることがあります。
入れ歯のプラスチックがほんのわずか変形したり
歯グキの形が変わってバランスが崩れることはよくあります。

そのままにしておくと、痛い、入れ歯が割れるなど大きな変化が起こります。
その前に「なんとなく」のうちに敏感に察知して入れ歯の調整をすると良い入れ歯が長く使えます。

そのような入れ歯の調整は保険治療で1,500円~数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 16
保険治療の症例 36
▲ページトップヘ


Q65:歯が一本もなく総入れ歯を使っています。
食べると入れ歯が飛び出してしまう、外れてしまうことが多くて困っています。


入れ歯が歯グキと合っていないことが考えられます。

入れ歯のウラを張り替えて歯グキと合わせることで解決します。
入れ歯のウラを張り替えるのは保険治療で数千円~五千円でできます。

あるいは入れ歯の歯が前に出すぎている、入れ歯が大きすぎることも考えられます。
食事などで口を大きく動かすと唇が入れ歯を押してしまい
入れ歯が外れて飛び出してしまうことがあります。

入れ歯の歯を並べ替える、あるいは
入れ歯の大きすぎる部分を削って小さくすることで解決できます。


この場合も保険治療で数千円でできます。

ただ時間がかかります。
歯を並べ替えるのは大幅な修正なので
入れ歯を1時間くらいお預かりして治すこともあります。

《参考》
保険治療の症例 32

▲ページトップヘ


Q72:噛めるのでが、飲みこみにくいです。
飲み込む時に引っかかる感じがします。


いろいろな原因が考えられます。
原因を下に3つ挙げます。

入れ歯を見るとすぐに判断できますので気軽にご相談ください。

①入れ歯が口の奥の方に大きすぎるかもしれません。

飲み込む時に入れ歯が口の動きを阻害してしまうと飲み込みにくい症状が出ます。
入れ歯を作る時に口の中の筋肉の動くところは入れ歯で覆わないのが原則です。
ただ実際には分かりにくいものです。

入れ歯が大きすぎて覆ってはいけない部分を覆ってしまっていることは十分考えられます。

入れ歯を削って小さくすることで解決できます。

そのような入れ歯の調整は保険治療で1,500円~数千円でできます。

②入れ歯が合っていないと筋肉の動きによって簡単に外れてしまいます。
すると飲み込みにくいです。

入れ歯のウラを張り替えて歯グキと合わせることと咬み合わせの調整で解決します。

入れ歯のウラを張り替えるのは保険治療で数千円でできます。

③新しい入れ歯を入れた場合など
口の中が入れ歯に慣れていないため、飲み込みにくいこともあります。


食事のときだけでなく一日に何回も意識して
入れ歯を着けてツバを飲み込む動きをやってみると
だんだん慣れてきて飲み込みやすくなります。

とくにツバを飲む動きは舌と頬が大きく動きます。
入れ歯に慣れるトレーニングとしてやってみるのはお勧めです。
トレーニングのやり方はいとう歯科医院でお教えしています。

《参考》
保険治療の症例 38
保険治療の症例 41

▲ページトップヘ


Q77:総入れ歯だと奥歯で噛めなくて
どうしても前歯で噛むクセがついてしまっています。
前歯で噛むと入れ歯がはずれてしまい食べにくいです。


入れ歯の奥歯の咬み合わせが合っていないようです。

入れ歯では前歯で食事するのは難しいです。
前歯をテコにして入れ歯が外れてしまうからです。

 ・奥歯で噛めるようにする
 ・前歯の咬み合わせを確認する。
この2段階で調整することが必要です。

奥歯の咬み合わせを削るか、プラスチックで盛り足すかして
まっすぐ入れ歯でカチカチと噛めるようにします。

咬み合わせが合っている入れ歯だと
まっすぐ噛んだときに「カチカチ」と澄んだ良い音がします。

合っていないとグニュッとした違和感があり音が出ません。

これは入れ歯に限らず自分の歯でも同じです。

奥歯の咬み合わせを作ってから前歯の咬み合わせの確認です。
奥歯を調整することで入れ歯が安定することがほとんどです。

安定しない場合はアゴを前後左右に動かして
前歯が不自然な噛み方をしているところを削っていきます。

このような調整は数回かかることが多いです。
保険治療で数千円でできます。

また年月が経って入れ歯と歯ぐきが合わなくなると
咬み合わせも合わなくなって症状が出ることがあります。


その場合は入れ歯のウラを張り替えることで良くなります。

入れ歯のウラを張り替えるのは保険治療で数千円でできます。

▲ページトップヘ


Q62:食事のときに入れ歯が外れてしまいます。
なんとかなりませんか?


1~数回通っていただいて入れ歯の調整をすることで改善します。
咬み合わせの不具合を治すか入れ歯のウラを張り替えることが多いです。

入れ歯が大きすぎると外れやすくなることもあります。
入れ歯が大きすぎると舌や頬が引っ掛かって入れ歯を外してしまうことが原因です。

入れ歯を削って小さくすることで解決します。

部分入れ歯の場合は入れ歯を支えるバネを締めることで外れにくくすることもできます。

食事のときに外れる、という症状は原因を探るのに数回通っていただくことがあります。

なぜなら歯科医院では食事する状況を再現しにくいからです。

食事を再現するためのクラッカーも歯科医院には用意していますが
家での食事と同じではありません。
歯科医院では調子いいんだけど帰って食べると外れることはあります。

もっとも原因がわかって一回の来院で治ることがほとんどです。

念のため実際に家で食事していただいて大丈夫か確認してください。
まだ外れやすければ遠慮なく来院してください。

入れ歯の調整は保険で数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 29
保険治療の症例 32
保険治療の症例 41

▲ページトップヘ


Q79:最近入れ歯がゆるくなった?
何もしなくても入れ歯が浮き上がります。


入れ歯は定期的な調整が必要です。

それはお金をかけて金属でできた入れ歯でも
保険治療のプラスチックの入れ歯でも まったく同じです。


ガマンしないでご相談ください。
そのうち慣れるということはありません。

入れ歯を支える歯や歯グキは生きているものです。
年月が経てば形が変わってきます。

老化したと悲しむことではありません。
ときどきそうおっしゃる方がいますので念のため。
体が健康に代謝して皮膚や組織が新しくなると思っていただけると良いです。

入れ歯自体が力がかかり続けた結果、入れ歯が少しずつ変形することもあります。
部分入れ歯の場合は入れ歯を支えるバネがゆるんで
入れ歯が浮き上がってしまうこともあります。

入れ歯のウラを張り替えて
 ・歯グキと合わせる
 ・咬み合わせを調整して、食事しても入れ歯が浮かないようにする
 ・部分入れ歯のバネを締めなおすなどのことをします。

「入れ歯がピッタリ!」という感覚が得られます。

半年に一度くらいの定期的な調整をお勧めしています。

入れ歯の調整は保険治療で千円から数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 29
保険治療の症例 32
保険治療の症例 38

▲ページトップヘ


Q81:あくびをすると入れ歯がはずれます。


入れ歯が合っているか、合っていないかを判断する基準のひとつとして
「大きく口を開ける」というものがあります。

大きく口を開けて入れ歯が外れなければ、歯グキと入れ歯が良く合っていると言えます。
今まで外れなかったのに最近外れるならば、今までと比べて入れ歯がゆるくなったということです。

入れ歯のウラを張り替えて歯グキと合わせると治ります。
1回から3回の通院が必要です。
入れ歯のウラを張り替える治療は保険治療で数千円から五千円でできます。

新しい入れ歯が外れやすい場合は入れ歯が大きすぎることが考えられます。
口を動かすと頬や唇が、大きい入れ歯をグイッと押して外してしまう。

大きすぎる部分を削って
入れ歯が頬や唇で押さないようにすると外れなくなります。

どこをどのくらい削るかは数回通っていただいて判断することが多いです。

入れ歯を大きく削るのは保険治療で数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 29
保険治療の症例 38

▲ページトップヘ


Q82:入れ歯を新しく作っても、ゆるいです。


まずは今通っている歯科医院で
「○○のことで困っています。入れ歯の調整をしてください」
と言ってください。


患者さんが何も言わないと歯科医は
「ああ、調子良いんだな」と思ってしまいますので
言えば快く治してくれます。

入れ歯は作って終わりではありません。
作ってからが始まりです。
必ず調整が必要です。

いとう歯科医院では歯科医が自分で入れ歯を作ることが多いのですが
作ってから調整することが重要だということを日々実感しています。

入れ歯の調整が必要な理由は2つあると考えています。

一つは、模型に合わせて入れ歯を作る時に誤差がでます。
実際に入れ歯を口に入れてから誤差を修正する必要があるからです。

入れ歯のウラを削って、歯グキと強く当たるところをなくしていくなどの事をします。

もう一つは、模型上でベストの歯並びと
入れ歯を口に入れてから歯ぎしりしたり
食事したり使ってみてベストな歯並びが違うから。

模型上で入れ歯の歯を並べるときは、上下の歯が一番たくさんの面で噛みあうように並べます。
そのまま口に入れると、まっすぐ噛むには良いのですが
左右に口を動かしたときに入れ歯が痛い、動くなどの不快なことが出てきます。

それを、歯の形を削ったりして調子良くしていくことが必要です。

新しい入れ歯を口に入れて「はい、終わり!」ということはほとんどありません。

新しく作った入れ歯がゆるいのは
新しい入れ歯にしてから調整をしてない
あるいは調整が上手くいっていのかも知れません。

調整することで見違えるほど調子良くなります。
他の歯科医院で作成した入れ歯でも調整できます。

入れ歯の調整は保険治療で千円~数千円でできます

《参考》
保険治療の症例 43

▲ページトップヘ

  
保険で治す入れ歯とは 入れ歯の違和感
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q109 入れ歯の上アゴがツルツルすぎて気持ち悪い

Q108 入れ歯の上アゴの部分がザラザラして気持ち悪い。気になります。

Q107 入れ歯を入れると口の中が狭くなる気がします。

Q103 入れ歯を口の中に入れていると重い感じがします。
プラスチックの入れ歯だし、手で持ってみると重くないんですが。


Q102 長い時間入れ歯を入れていると、アゴが締めつけられる感じがあります。

Q101 入れ歯を入れると.吐き気がして入れていられません。もう少し快適になりますか?

Q92 入れ歯を新しく作り直したら、違和感が強くて入れていられません。
自費で数十万円もしたのですが…。
以前使っていた保険の古い入れ歯のほうが
見た目は良くなくても長い時間入れていられるし食事がちゃんとできます。


Q29 違和感のない入れ歯がほしい

Q28 新しく作った入れ歯があわないのですが・・・。調整していただくことは可能なのでしょうか?


Q109:入れ歯の上アゴがツルツルすぎて気持ち悪い


上の入れ歯の口蓋の部分がツルツルなのかもしれません。

本物の口蓋にはザラザラしたものがあります。
横口蓋ヒダといいます。
発音しやすくしたり舌と上アゴで食物をすりつぶしたりする働きがあります。

入れ歯の口蓋の部分に彫刻をしてスジをつけて
横口蓋ヒダを再現すると自然な舌触りになります。

入れ歯の調整は保険治療で千円から数千円でできます。
1回の来院でできます。
▲ページトップヘ


Q108:入れ歯の上アゴの部分がザラザラして気持ち悪い。気になります。


上の入れ歯を作る時に本物の口蓋の部分を表現するために
わざとスジをつけることがあります。

それがザラザラ感がある可能性があります。
磨いてスジを消すと気にならなくなります。

ただし、自分の実際の上アゴはスジがあってザラザラしています。
これは横口蓋ヒダといって発音や食事をしやすくする役割があると考えられています。
入れ歯でも横口蓋ヒダを再現することがありますので慣れるかもしれません。

また入れ歯の修理やウラの張り替えをくり返している入れ歯だと
修理や張り替えをした継ぎ目がザラザラします。

きちんと修理しても少しずつ修理した部分が劣化してザラザラしてきます。
これもプラスチックを盛り足してから研磨すると良くなります。

入れ歯の研磨は保険治療で数千円でできます。
1~2回の来院でできます。

▲ページトップヘ


Q107:入れ歯を入れると口の中が狭くなる気がします。


入れ歯が大きいかもしれません。

削って小さくすることで解決できます。
よくあるご相談なので遠慮なくご相談ください。

入れ歯を作る時は気持ち大きめに作る傾向があります。
小さいものを新たに大きくするのは大変だからです。
だから大きめに作って削ることをはじめから想定しています。

だいたいはちょうど良いくらいに収まるのですが
気になることがあっても不思議ではありません。

入れ歯を小さく削るのは保険治療で千円から数千円でできます。
1~数回かかります。

1回で完全に解決できることもありますが入れ歯を小さくしたぶん
より安定させるために入れ歯のウラを張り替えるなどの
フォローアップをすると、より安心です。

《参考》
保険治療の症例 22

▲ページトップヘ


Q103:入れ歯を口の中に入れていると重い感じがします。
プラスチックの入れ歯だし、手で持ってみると重くないんですが。


入れ歯が合っていないことが考えられます。
入れ歯のウラを張り替えて歯グキと合わせると軽い感じになります。

ウラを張るのは新しい材料を盛り足すことですから
入れ歯の重さ自体は重くなっているはずなのですが
口に入れると「軽くなった!」とおっしゃってくださいます。

不思議な感じですが合っている入れ歯は快適なものです。

入れ歯のウラを張り替えるのは保険治療で数千円でできます。
1~数回の来院で治療できます。

▲ページトップヘ


Q102:長い時間入れ歯を入れていると、
アゴが締めつけられる感じがあります。


入れ歯が合っていないのかも知れません。
入れ歯のウラを張り替えて歯グキの形と合わせることで快適になります。

あるいは咬み合わせが強く噛みすぎる部分があると
締めつけられる感じがすることもあります。
咬み合わせを少し削ることで快適になります。

アゴの形は日々変わります。
生きているものなので誰にでも起こることです。
するとアゴと入れ歯が合わなくなります。
合わなくなった時の症状はさまざま。

アゴが締めつけられることもあります。
逆にゆるいこともあります。

ガマンしないで治すことをお勧めします。
入れ歯のウラを張り替えるのは保険治療で数千円でできます。
1~3回の来院でできます。

咬み合わせの調整は保険治療で千円~数千円でできます。
1~2回の来院でできます。

▲ページトップヘ


Q101:入れ歯を入れると.吐き気がして入れていられません。
もう少し快適になりますか?


快適にできることが多いです。

入れ歯が後ろに大きすぎることが吐き気の原因になることがあります。
入れ歯が大きすぎて口の後ろ、ノドの部分に当たっているのかもしれません。

入れ歯を削って小さくすることで吐き気が治ります。

また咬み合わせが高すぎると
入れ歯を入れていて気持ち悪い、ということもあります。

咬み合わせを全体に下げると楽になります。

入れ歯を削る調整は保険治療で数千円でできます。

回数は1~4回くらい来院していただくことがあります。
原因が色々考えられるので突き止めるのに回数かかることもあります。

《参考》
保険治療の症例 22

▲ページトップヘ


Q92:入れ歯を新しく作り直したら、違和感が強くて入れていられません。
自費で数十万円もしたのですが…。
以前使っていた保険の古い入れ歯のほうが見た目は良くなくても
長い時間入れていられるし食事がちゃんとできます。


新しい入れ歯と古い入れ歯を両方持ってきてください。

古い入れ歯を参考に新しい入れ歯を手直し、修理すると使えるようになることもあります。

逆に古い入れ歯を手直しして見た目良くきれいにするのも一つの手です。
長い時間入れていられる、食事はできる今までの機能はそのままに見た目も良くなります。
保険治療でできるので金額も安く良くできます。

古い入れ歯なのできれいにするのに限界はありますが
多くの方は満足してくださっているように思います。

入れ歯の手直し、修理は保険治療で数千円でできます。
1回~3回くらい通っていただくと良くできます。

いとう歯科医院では入れ歯を新しく作りかえるのは慎重に行なうようにしています。
質問の方のように「前の入れ歯のほうが良かった」となってしまったら
新しく入れ歯を作ったのが患者さんにとって無駄になってしまうからです。

使い慣れた今までの入れ歯よりも良い入れ歯を新しく作るのは難しいです。
咬み合わせが変わらないように今までの入れ歯のコピーを作って
参考にしながら新しい入れ歯を作るなどの工夫もしています。
それでも良い入れ歯を作るのは難しい。

今まで使っている入れ歯は長い時間かけて慣れた最良の道具です。
いとう歯科医院では可能な限り修理、調整、清掃して
使い慣れた入れ歯を長く使えるように努力しています。


《参考》
保険治療の症例 5
保険治療の症例 22
保険治療の症例 43

▲ページトップヘ


Q29:違和感のない入れ歯がほしい


必ず「違和感のない入れ歯が作れますよ」とは言えません。

アゴの形や唾液の性質、歯グキの状態によって複雑な影響を受けるので
入れ歯に違和感を感じるかどうかは一人ひとりで差があるからです。

でも最大限の努力をします。
はじめて入れ歯を作った時から違和感なく使える方もいます。

いっぽうで違和感や嘔吐感で食欲をなくして
使わなくなってしまう方もいらっしゃいます。
その場合は入れ歯を削って小さくする、咬み合わせを調整するなどのことで
違和感を少なくすることができます。

患者さんの中には大きすぎる入れ歯を
ガマンして入れている方がたくさんいらっしゃいます。
削って半分の大きさにしたり、口の両側に渡っていた入れ歯を半分に切断して
良好に使えるようになることもあります。

まずは保険治療で最大限の努力をしますのでご相談ください。

いっぽう患者さんの努力で違和感を少なくすることもできます。

舌と頬を入れ歯を入れて運動させることで慣れてきます。
運動のさせ方があります。
いとう歯科医院では運動のご指導も行なっています。

入れ歯が小さければ違和感も少ないです。
新しく大きな入れ歯を作って入れようとすると違和感が大きいです。

中には「歯が一本もありません。入れ歯を入れたことがありません」という方もいましたが
患者さんの努力もあって上下の入れ歯を入れて食べられるようになりました。

それは奇跡に近いことだと思っていますが、そのような入れ歯も保険でできます。

一番良いのは失った歯が少ないうちに治療をすることです。
失った歯が少ないうちに必要なら小さな入れ歯を使うと
違和感が少なく入れ歯になじむことができます。

もっとも入れ歯ではなくかぶせものや詰め物で大丈夫な場合も多いので
あまり心配しないで相談してください。

《参考》
保険治療の症例 5
保険治療の症例 22

▲ページトップヘ


Q28:新しく作った入れ歯があわないのですが・・・。
調整していただくことは可能なのでしょうか?


新しく作った入れ歯が合わない。
実は、こうした悩みを抱えている患者さんから調整できますかと相談されることがあります。
特に多いのが「大きすぎて入れていられない」という悩みです。

・大きすぎて気になって入れていられない
・入れると吐き気がする
・着けていると疲れる
・口の中じゅうが入れ歯みたいな気がする
・舌がどうしても入れ歯に引っかかる

など、相談内容は様々です。

そもそも入れ歯というものは調整しながら患者さんに合わせていくものだと考えてください。
このような場合は入れ歯を削って小さくすることも可能です。

どこの歯科医院でも入れ歯を作るときに大きく作りたがる傾向があります。
小さく作って、あとから大きく盛り足すのは大変だからです。
「大きな入れ歯で入れていられない」ということは十分あり得ることですので
遠慮なく相談してください。

多くの患者さんが調整後に
「スッキリした」「違和感がなくなった」「ラクになった」と喜ばれています。

(入れ歯の大きさの調整:来院数1~2回、保険適用 1,500円~数千円)

《参考》
保険治療の症例 5
保険治療の症例 22

▲ページトップヘ

  
保険で治す入れ歯とは 入れ歯が壊れた
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q27 部分入れ歯のバネが折れてしまった。
新しい入れ歯を作らないとダメですか?


Q38 使っている入れ歯が壊れてしまいました。
どうすればいいでしょうか?
どのくらいの日数、費用で治りますか?


Q73 入れ歯の歯がよく欠けたり、入れ歯が割れることがたびたびあります。

Q54 入れ歯を支えている歯が折れてしまいました。
どうすればいいでしょうか?
どのくらいの日数、費用で治りますか?


Q27:部分入れ歯のバネが折れてしまった。
新しい入れ歯を作らないとダメですか?


部分入れ歯のバネが折れても、新しい入れ歯を作る必要はありません。
そのままお持ちください。
いとう歯科医院は一日で修理します。

多くの歯科医院では専門の歯科技工所に発注して
修理してもらうため完成までに1週間近くかかります。

いとう歯科医院は患者さんの口の中の様子を把握している歯科医師が
自分の手でその場で入れ歯を修理します。

午前または午後の、早い時間にお越しください。
1~2時間ほどで直すことができます。

入れ歯は生活に欠かすことができません。
1週間も入れ歯なしの生活を送ることは患者さんに大きな負担がかかります。
いとう歯科医院では入れ歯をその日のうちに修理する治療を積極的に行っています。

(折れたバネを新しく作る入れ歯の修理:来院数1~2回、保険適用 数千円)

《参考》
保険治療の症例 12
保険治療の症例 34

▲ページトップヘ

Q38:使っている入れ歯が壊れてしまいました。
どうすればいいでしょうか?
どのくらいの日数、費用で治りますか?


壊れた入れ歯の破片を小さいものもすべて持って早く来院することをお勧めします。

1日で見た目良く食事できる状態に修理できます。
この治療は保険でできますので費用は数千円~5千円ほどです。

午前中に来院していただくと午後には修理できます。
午後に来院すると1~2時間ほど待っていただくと修理できます。

いとう歯科医院で最も数多く行なって得意としている治療です。
調整も含めて1~2回の来院で終了します。

瞬間接着剤をつけて自分で接着する方がいらっしゃいますがお勧めしません。
上手に付くことは少ないです。
歯科医院での修理に支障が出る場合もあります。

《参考》
保険治療の症例 20
保険治療の症例 27
保険治療の症例 34

▲ページトップヘ


Q73:入れ歯の歯がよく欠けたり、入れ歯が割れることがたびたびあります。


入れ歯の修理をすることで元のように治ります。
半日~1日でできます。
保険治療で数千円でできます。

あまり度々壊れるならば壊れる原因を探る必要があります。
原因はいくつか考えられます。

①咬み合わせが合っていない。

カチカチ噛んで、どこか一点で強く当たっていると
一点だけに力がかかって入れ歯の歯がポロッと欠けてしまいます。
入れ歯の歯じゃないところに力がかかると入れ歯の本体が割れます。
真っ二つになることもあります。

また入れ歯で歯ぎしりしたり食事したりして力が横方向にかかると
歯が欠けたり入れ歯が割れたりしやすいです。

咬み合わせの調整をすると壊れにくくできます。

入れ歯の歯を削って合わせるだけでなく盛り足して
入れ歯の歯の高さを高くすると調子良くなることもあります。

長年使っている入れ歯だと歯がすり減って低くなります。
すると壊れやすくなることがあります。
それを回復することも有効です。

咬み合わせを削るのも盛り足すのも保険治療で数千円でできます。

②入れ歯の強度が足りないことがあります。

入れ歯本体に補強の金属線を入れることで強化できます。
この治療も保険治療で数千円でできます。

③本当に稀ですが噛む力があまりに強すぎて
プラスチックの入れ歯だと何をやっても耐えられないことがあります。


そのようなときは自費の金属床入れ歯を作る場合もあります。
私自身はそのような理由で作った経験はありませんが父は
50年の歯科医師としての経験のなかで数例あったと申しています。

金属床入れ歯は保険では作れません。
いとう歯科医院では上下どちらか1床30万円(消費税込み)で作っています。

《参考》
保険治療の症例 20
保険治療の症例 27
保険治療の症例 34

▲ページトップヘ


Q54:入れ歯を支えている歯が折れてしまいました。
どうすればいいでしょうか? どのくらいの日数、費用で治りますか?


心配いりません。
1~2日で元通りに使えるようになります。


型を採って入れ歯をお預かりします。
歯が折れて抜けてしまった部分は入れ歯を加工して歯を作ります。
歯を支えるバネも一緒に作ります。

これを入れ歯の増歯といいます。

午前中に来院していただくと午後には増歯できます。
午後に来院すると1~2時間ほど待つとできます。

一般的な歯科医院では急いで作っても1週間かかってしまいます。

専門の技工所に発注して作ってもらうから時間が必要だからです。
また時間と人の手がたくさんかかるほど入れ歯の精度も低くなります。
修理したら合わない入れ歯になってしまうことも多いです。

いとう歯科医院では入れ歯の加工もバネの作製も
歯科医がその場で行なうので精度の良いものが1日で出来ます。
最も数多く行なって得意としている治療です。

この治療は保険で数千円~5千円ほどでできます。

《参考》
保険治療の症例 35
保険治療の症例 44

▲ページトップヘ

  
保険で治す入れ歯とは 入れ歯の見た目が気になる
いとう歯科医院
いとう歯科医院いとう歯科医院
 

Q53 入れ歯の金具が目立ちます。
目立たないようにするには高額の入れ歯にしなければいけないのでしょうか?


Q94 入れ歯の歯並びに自然観がなく、のっぺりしている感じが気になります。

Q90 入れ歯の歯が白すぎて顔から浮いてしまっています。
もう少し自然な感じにできますか?


Q89 入れ歯をもっと白い歯にしてほしいんですけど、できますか?

Q88 入れ歯の歯が小さいので笑っても歯が見えないので
写真を撮った時に笑顔が暗いような、おかしい気がします。
歯が見えるように大きくできますか。


Q87 歯が出っ歯になってしまっている気がします。
入れ歯でも歯並びを変えられますか?


Q86 入れ歯になってから鼻の下がへこんでいます。
顔が貧弱な感じがするので、ふっくらさせたいです。


Q85 鼻の下がふくらんでいる感じがして気になります。

Q64 唇が閉じる前に、歯が当たってしまうみたいで唇が閉じにくいです。
口が乾燥したり、歯が出たりしているみたいで気になります。


Q56 入れ歯を入れると顔が老けた感じです。入れ歯が合ってないのでしょうか?


Q53:入れ歯の金具が目立ちます。
目立たないようにするには高額の入れ歯にしなければいけないのでしょうか?


一部例外はありますが、多くは保険治療でも目立たないように修理できます。

入れ歯の金具(バネ)は
食べ物を噛んだり、話すときに外れないようにするために必要な部品です。
完全になくすことはできませんが患者さんの口の状態にあわせて形状を変えたり
金具の取り付け位置を変更することで、機能はそのままに目立たなくする方法があります。

多くの歯科医院では、入れ歯は歯科技工所に発注して作ってもらうため時間がかかります。
また技工士は患者さんの口腔内を直接見ているわけではないので医師の指示書通りに作ります。
細部は患者さんの口の中を予測しながら製作することになります。

なので発注した医師が期待していた以上の完成度で仕上がってくることはほとんどありません。
そこで保険で作った入れ歯が合わない場合は
「新しく自費の入れ歯を作りましょう」とすすめることもあるそうです。

いとう歯科医院では、患者さんの口腔内の状態を見ている
歯科医師自身が自分の手で入れ歯を作っています。

修理も歯科医師が行います。
保険の入れ歯でも、患者さんの状態にあわせて
目立たない工夫をすることも積極的に取り組んでいます。

だから見た目もよく満足できる入れ歯ができることが多いです。
高額な自費の入れ歯を作る前に、是非ご相談ください。

ただ、見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

《参考》
保険治療の症例 12
保険治療の症例 15
保険治療の症例 34

▲ページトップヘ


Q94:入れ歯の歯並びに自然観がなく、のっぺりしている感じが気になります。


治すことができます。

入れ歯の前歯を壁のようにピターッと並べてしまうと
のっぺりした顔になってしまいます。

テレビに出ている芸能人を見ても
明らかに治してるな~と分かってしまう
不自然なのっぺりしている歯並びを目にすることがあります。

人の前歯は一番正面の歯から糸切り歯(犬歯)にかけて
少しずつ角度がつきながら抱え込むような歯並びになっています。

そのように顔のバランスを見ながら並べると自然観がでます。
より女性らしく、あるいはより男らしく歯並びを作ることもできます。

歯の形にも影響されます。
丸い歯とか角ばった歯とかでも印象がガラリと変わります。

私たちは職業柄か、テレビを見ていると俳優さんや女優さんの歯並びが
気になることがよくあります。
ついポスターとか間近で口元を見てしまいます。

歯医者でなく普通の人が見ても歯並びがのっぺりして気になるのなら
特に治すと良くなると思います。

入れ歯の歯並びを変えるのは数千円でできます。

ただし歯並びを変えることで入れ歯の安定や噛む機能に
影響が及ぶ場合がありますので慎重な診断が必要です。

見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますのでご了承いただけると嬉しいです。

▲ページトップヘ


Q90:入れ歯の歯が白すぎて顔から浮いてしまっています。
もう少し自然な感じにできますか?


テレビを見ていて芸能人や野球選手で「歯が不自然に白いな~」と思うことがあります。
我が家でもよく話題になります。
意外と歯に対しての関心は高いものです。

不自然に白いな~と思うくらいですから歯が白ければ良いというものではありません。
顔や周りの歯の色と調和していることが大事です。

いとう歯科では気になる入れ歯の歯を並べ替えることができます。
入れ歯の歯は形が5種類、大きさが4種類、色が4種類と
豊富な組み合わせの中からもっとも適したものを選びます。

いとう歯科では保険の入れ歯でも自費の高価な入れ歯でも
困っていることの治療としての扱いは同じと思っています。

保険だと歯の色、形が選べないと思っている方も多いですが、そのようなことはありません。
保険の入れ歯でも見た目を良くできますのでご相談ください。

歯を並べ替えるのは数千円でできます。
ただし歯並びを変えることで入れ歯の安定や噛む機能に
影響が及ぶ場合がありますので慎重な診断が必要です。

見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますのでご了承いただけると嬉しいです。

《参考》
保険治療の症例 15

▲ページトップヘ


Q89:入れ歯をもっと白い歯にしてほしいんですけど、できますか?

できます。

プラスチックの歯は年月が経つと茶色くなってくることがあります。
歯を付けかえることで白い歯にすることができます。

入れ歯を修理をくり返していると新しい歯と古く茶色い歯がマダラになって目立つこともあります。
白い歯に付けかえることができます。

歯を付けかえるのは数千円でできます。

作業をするので時間がかかります。
午前か午後の早い時間に来てください。
時間をかけてじっくり行なうときれいにできます。
場合によっては入れ歯をお預かりして次の日までに新しい歯を付けかえることもあります。

ただし歯並びを変えることで入れ歯の安定や噛む機能に影響が及ぶ場合がありますので慎重な診断が必要です。

汚れがついて茶色くなることもあります。
研磨することで白くできます。
研磨は歯科専用の巨大なホイールで磨きますので濡れたようなツヤがよみがえります。
研磨だけならば千円~二千円くらいでできます。

ただ、見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

《参考》
保険治療の症例 15
▲ページトップヘ


Q88:入れ歯の歯が小さいので笑っても歯が見えないので写真を撮った時に笑顔が暗いような、おかしい気がします。歯が見えるように大きくできますか。

1日~2日で入れ歯の歯並びを変えることができます。

総入れ歯の場合は自由に歯並びを決められますから大きい歯に取りかえると良い形にできます。

総入れ歯は並べる歯の本数が多いです。
午前か午後の早い時間に来ていただけると落ち着いて時間をかけて良い治療ができます。

部分入れ歯の場合も自分の歯とのバランスを見ながら最適な歯並びに変えることができます。

歯並びを変えるのは数千円でできます。
ただし歯並びを変えることで入れ歯の安定や噛む機能に影響が及ぶ場合がありますので慎重な診断が必要です。

ただ、見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

《参考》
保険治療の症例 15
▲ページトップヘ


Q87:歯が出っ歯になってしまっている気がします。入れ歯でも歯並びを変えられますか?

入れ歯なら歯並びをかなり自由に変えられます。
見た目の良い歯並びにできます。

上の入れ歯が出っ歯になってしまうことはたまに見られます。
入れ歯の修理をくり返しているうちに歯並びが何となく前に出てしまう。
修理のときにあまり引っ込んだ歯並びにすると下の歯とぶつかってしまう、壊れやすくなるという欠点があるので手直しを繰り返しているうちに気づいたら出っ歯になってしまったと。

ですから私たち歯科医も気をつけていますが今回のように患者さんの側で気づいたら教えていただければ幸いです。
まとめて歯並びを良くして下の歯とのぶつかりも避けるように歯並びを変えると自然な歯並びになります。

入れ歯の歯並びを変えるのは数千円から五千円くらいでできます。

上記のように今使っている入れ歯で良い歯並びを作ってから新しく入れ歯を作るのも一つの方法です。
きれいな歯並びで調子良く長持ちするのでおすすめです。

歯並びを変えることで入れ歯の安定や噛む機能に影響が及ぶ場合がありますので慎重な診断が必要です。

ただ、見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

《参考》
保険治療の症例 15
▲ページトップヘ


Q86:入れ歯になってから鼻の下がへこんでいます。
顔が貧弱な感じがするので、ふっくらさせたいです。

上の入れ歯の前歯の部分が厚みが足りないのかもしれません。
入れ歯の前歯部分の歯グキにプラスチックを盛り足すことで厚さを足します。
すると鼻の下がふっくらして良い感じになります。

歯が抜けると歯ぐきが薄くなって鼻の下がへこんできます。
ですから前歯を入れ歯にするときは歯グキの形も一緒に作ります。
すると本当の歯が生えているようなきれいな見た目になります。
その歯ぐきの部分が薄いと鼻の下が凹んだ感じがしてシワが寄って貧弱な感じになります。

人によっては歯ぐきの部分を盛り上げすぎると違和感が強くなる場合もあります。
そのような場合は遠慮なく言ってください。
適切な厚さがどこか探りながら盛り足したり削ったりします。

入れ歯にプラスチックを盛り足すのは数千円でできます。
回数は1回で合うこともあれば2~3回拝見して適切な厚さを探る必要がある場合もあります。

ただ、見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

《参考》
保険治療の症例 15
▲ページトップヘ


Q85:鼻の下がふくらんでいる感じがして気になります。

上の入れ歯の前歯が出過ぎている場合があります。
気になる部分を削って薄くすれば解決します。

前歯の部分の歯グキを膨らませると鼻の下がふっくらして歯が生えているような自然な感じを作ることができます。
だから普通にそう作るのですが、人によっては膨らみすぎて気になることはあります。

何となく気になる感じでも解決できますのでご相談ください。
入れ歯を削る調整は保険治療で千円から数千円でできます。

ただ、見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

《参考》
保険治療の症例 15
▲ページトップヘ


Q64:唇が閉じる前に、歯が当たってしまうみたいで唇が閉じにくいです。
口が乾燥したり、歯が出たりしているみたいで気になります。

入れ歯の歯並びが出っ歯なのかもしれません。

このままだと眠るときに口が開きっぱなしになり口の中が渇いてしまうことがあります。
あるいは入れ歯の本体が厚すぎると入れ歯が唇に当たる感じがします。
唇が入れ歯を押してしまい入れ歯が外れやすくなることもあります。

これは入れ歯の歯並びを並べ変える、あるいは入れ歯を削って薄くすることで解決できます。
このような形の修正も保険治療で1,500円~数千円でできます。

午前8時半か昼の2時に来てください。
場合によっては時間がかかることがあります。
歯並び全体を大幅に削るので時間がかかる場合があります。
時間に余裕を持って来ていただけると安心です。

歯並びを変えることで入れ歯の安定や噛む機能に影響が及ぶ場合がありますので慎重な診断が必要です。

ただ、見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

▲ページトップヘ


Q56:入れ歯を入れると顔が老けた感じです。
入れ歯が合ってないのでしょうか?

入れ歯が合っていないのかもしれません。
入れ歯の奥歯を盛り上げると若い顔にできる場合があります。

奥歯がすり減ったり噛み合わせが低い入れ歯を入れると口の端(口角)にシワが寄るので老けた感じになるのです。
プラスチックで奥歯を盛り上げて入れ歯の高さを増すと口角のシワが取れて若々しい顔になります。

奥歯に硬い人工歯やセラミックの歯を使うとすり減りにくいのでより良い高さが長持ちします。
症例によっては大変有効です。

総入れ歯だけでなく部分入れ歯でも自分の歯を覆う形でプラスチックで形を作って奥歯を盛り上げることができます。

入れ歯の高さを調整する治療は保険で数千円でできます。
回数は2~3回の来院でできます。
歯並びを変えることで入れ歯の安定や噛む機能に影響が及ぶ場合がありますので慎重な診断が必要です。

ただ、見た目に関しては保険治療の範囲ということで限界はあります。
他にも、前歯しかないのにバネが見えるから除去してほしい、など
物理的に無理が生じることは出来ません。

また、入れ歯を新しく作るのは注意が必要です。
新しく作った入れ歯は違和感、痛みを生じることもあり
「前から使っていた古い入れ歯の方が良かった」
ということが多いのが実情です。

新しく作るかどうかの決定は
歯科医師の責任において行ないますので
ご了承いただけると嬉しいです。

▲ページトップヘ
   
保険で治す入れ歯とは入れ歯で噛めない
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q30 楽しい食事ができる入れ歯がほしい

Q52 入れ歯にしてからよく噛めません。

Q112 口角が荒れる、切れる、赤く腫れて困っています。痛くて口を大きく開けられません。皮膚科を受診したほうが良いのでしょうか?

Q111 奥歯で噛みにくくなった感じがします。入れ歯を作りかえなければいけないのでしょうか?

Q105 入れ歯に食べ物がくっつきやすいです。

Q104 入れ歯を入れて食事すると味がわからなくて、食事がおいしく感じられません。保険の入れ歯では食事を楽しむことはできないのでしょうか?

Q100 食事をすると、顎が疲れてしまうので入れ歯で食事するのが億劫です。外してしまうこともあります。

Q84 食事中に食べ物が入れ歯と頬の間にたまってしまいます。もう少し快適に食べられるようになりませんか

Q78 左右どちらかでしか噛めない。片方にしか噛む力が入りません。噛みクセがあるのは良くないことはわかってはいるのですが…。

Q71 なまこやあわび、イカ、肉などが噛み切れない。

Q72 噛めるのですが飲みこみにくいです。飲み込む時に引っかかる感じがします。

Q69 野菜や漬物が食べにくいです。口の中でモソモソして噛み切れません。

Q70 麺類が食べにくいです。長くて細いものが噛み切れません。

Q67 入れ歯で唇や頬をよく噛んでしまいます。

Q66 噛んだときに「カチカチ」と入れ歯の歯が当たる音が気になります。

Q63 全体は当たるが、さらに噛み込むとどちらかへ咬み合わせがスベる感じがします。なんとなくという感じなのですが気になります。そのようなささいなことで治しに行って良いものでしょうか。ガマンした方が良いですか。

Q61 噛むと入れ歯の一部分が早く当たり、その後全体が当たる感じがします。なんとなくという感じなのですが気になります。そのようなささいなことで治しに行って良いものでしょうか。ガマンした方が良いですか

Q57 食事をしていると入れ歯の外側、ほっぺや唇の裏側に食べかすが残ってしまいます。もう少しスムーズに食べられるようになりたいです。

Q49 痛みはないのですが入れ歯だと食事が美味しくないです。どうすればより食事をしやすくできますか?

Q46 食事が奥歯で噛みにくくなった感じがします。

Q30:楽しい食事ができる入れ歯がほしい

総入れ歯の場合、噛む力が天然歯の半分以下になると言われていますが、実際はもっと強く噛めるようにできるケースがたくさんあります。

歯を失ったままとか、入れ歯が合わずに痛みをガマンしないで調整してください。
今入れている入れ歯の多くは、修理、調整して継続して使用することができます。
咬み合わせや、入れ歯のウラを張り替えて歯ぐきと合わせるなどの調整で改善できます。お気軽にご相談ください。

(噛めるようにするための入れ歯の調整・修理は、来院数1~5回程度、保険適用 数千円~五千円)

当医院では、いきなり自費で高額な入れ歯を新しく作ることはおすすめしていません。
初めて診察する患者さんに対しては、これまでの入れ歯の使い方、噛み癖、歯ぐきや歯の性質などが分かりません。

歯科医師の憶測で、そっくり作り直すような大がかりなことをすると、治療前よりもかえって調子が悪くなってしまったということもおこりえます。

そこで、まず保険治療で調整、修理をして、どのような治療法が適切か様子を見てから行なったほうが安心ですし、患者さんにも負担のかからない安全でより良い治療ができます。

■調理のヒント

視点を変えて、食べ物の調理法を工夫してみませんか?
調理のヒントをいくつかご紹介します。
今まで食べられなかったものが食べられるようになることもあります。

●大きめに切る
千切りやみじん切りも、あまり小さく切ると口のなかで散らばって、かえって食べにくくなります。
漬け物は5ミリから1センチ大を目安にカットしてください。
ある程度の大きさの食材をよく噛むことで唾液も出て食べやすくなります。

●皮を剥いておく
トマトやナス、カボチャは皮を剥いておくと食べやすくなります。

●じゃばら切り、かのこ切り
キュウリは8ミリから1センチくらいの厚さにして、上下に包丁でキザミを入れる「じゃばら切り」にすることで噛み切りやすくなります。

肉やこんにゃくは隠し包丁を深めに入れる「かのこ切り」にすると食べやすくなり、ソースやおつゆの味がしみ込んでおいしくなります。
ステーキやイカやタコも「かのこ切り」にすると食べられる場合もあります。

●葉もの野菜は端から巻いて厚みをつける
ホウレンソウなどの葉もの野菜は薄くて噛み切りにくい食材です。
入れ歯は噛むと歯グキに沈むため、薄いものは噛み切れません。
葉もの野菜は端から巻いて8ミリから1センチの厚さに加工すると食べやすくなります。

●麺類は5センチくらいに切る
お蕎麦はすすって食べるのが一番おいしいのですが、入れ歯の場合、ちょっとしたタイミングで気管(肺)に入ってむせることがあります。
麺の長さを5センチくらいに切っておくと一口分を箸でつかめますし、スプーンにも乗ります。

外食時、おそば屋さんなどでも要望すれば切って出してくれるところが多くなりました。
外食の楽しみも積極的に活用してみてください。

●歯医者で入れ歯を治しましょう
入れ歯が合っていない。グラグラ揺れている歯がある。
など、食べにくいときは治療をおすすめします。
健康のためにも噛める環境を整えることが重要です。
▲ページトップヘ


Q52:入れ歯にしてからよく噛めません。

入れ歯を調整する、痛みをとる、慣れる。
このことで良く噛めるようになります。

入れ歯を作ってからの調整をしっかり行なって調子の良い入れ歯にすると食べやすくなります。
入れ歯の調整は入れ歯を作ってから歯科医院で数回通っていただいて気になるところを改善していきます。

また痛い場合は噛むことができません。
ガマンしないで治すと噛むこともできるようになります。

さらに、舌を入れ歯に慣れさせると食事しやすくなります。
入れ歯に慣れるための舌の運動のやり方があります。
難しい運動ではありませんのでご指導しています。
お気軽にご相談ください。

どの治療も保険治療でできます。
噛めるようになるまで上のような入れ歯の調整を行ないますので「これでよく噛める!」と満足できるまで通っていただいて大丈夫です。

入れ歯の調整は保険治療で1,000円~数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 10
保険治療の症例 16
保険治療の症例 19
▲ページトップヘ


Q112:口角が荒れる、切れる、赤く腫れて困っています。
痛くて口を大きく開けられません。
皮膚科を受診したほうが良いのでしょうか?

口角が荒れるのはさまざまな原因があります。
体調の変化、ビタミンや栄養のバランス、ストレス、冬の乾燥などが挙げられます。
皮膚科を受診するのもひとつの方法ですし歯科のことが原因のことがあります。

入れ歯の高さが低いと口角にシワが寄ります。
すると口角炎ができやすくなります。
入れ歯の歯にプラスチックを盛り上げて高さを増すとシワがよらなくなって口角炎が良くなってきます。

入れ歯の高さを変えると他にさまざまな症状がでることもあるので慎重に行なう必要があります。

入れ歯にプラスチックを盛り上げるのは保険治療で数千円でできます。
2~3回通ってください。

もうひとつは細菌などが原因のことがあります。

唇の片側だけ痛いならヘルペスウイルス、両側ならばカンジダというカビが繁殖していることが多いです。

疲れがたまると繁殖するのでゆっくり休むことは大事です。
原因菌を駆除する薬を飲む、腫れている場所に塗ることで劇的に良くなります。

一般的な抗生物質や軟膏は効かないので歯科医院や病院での正しい診断が必須です。

一番大事なのは口の中と入れ歯を良く磨いて清潔にすることです。
とくに総入れ歯にはカンジダが増えやすいです。

念入りに磨いて、うがいも殺菌成分のあるもので1日4回行なっていただきます。
市販の入れ歯洗浄剤も有効です。
保険治療で処方できるうがい薬や軟膏は、科学的な殺菌作用が証明されているのでオススメです。

細菌などへの治療は保険治療で数千円でできます。
好転するかどうかを診る必要があるので3~4回通っていただくと安心です。

《参考》
保険治療の症例 14
▲ページトップヘ


Q111:奥歯で噛みにくくなった感じがします。
入れ歯を作りかえなければいけないのでしょうか?

作りかえる必要はありません。

入れ歯を新しく作るのは慎重に行なったほうがいいです。
今まで使い慣れている入れ歯を超える物を作るのはとても難しいからです。

多くの症状は調整することで良くできます。

長いあいだ入れ歯を使っていると奥歯がすり減ってきます。
あまりすり減ってうまく噛みあわなくなると奥歯で噛みにくいことがあります。
噛む面にプラスチックを盛り上げて当たるようにすると噛みやすくなります。

また噛むと痛いことはありませんか?
力が入らなくて噛みにくくなります。

痛い原因を取り除くと噛みやすくなります。
原因はさまざまなので慎重に診断していきます。

入れ歯にプラスチックを盛り上げるのは保険治療で数千円でできます。
入れ歯の調整は保険治療で千円から数千円でできます。

長い間入れ歯を使っていると劣化する部分でてきます。

今回のように症状が出る前に、あるいは「なんとなく」というくらいのうちに半年に一度くらいのお手入れをオススメします。
少しのお手入れでずっと良くなった! ということもあります。

《参考》
保険治療の症例 10
保険治療の症例 16
保険治療の症例 36
保険治療の症例 39
▲ページトップヘ


Q105:入れ歯に食べ物がくっつきやすいです。

入れ歯を指先で触ってみてザラザラしていたら食べ物がくっつきやすいです。
修理を繰り返すとプラスチックが劣化してザラザラになって食べ物がくっつきやすくなります。
修理した継ぎ目にくっつくこともあります。

研磨するとツルツルになって、くっつかなくなります。
入れ歯の研磨は保険治療で1,000円程度で1回の来院でできます。

また入れ歯のウラを張り替えた治療を行なっている場合には張り替えた材料が劣化します。
すると歯グキと合わなくて食事のときに食べ物にくっついて外れやすくなります。
入れ歯のウラを張り替えることで解決できます。

保険治療で数千円でできます。

また食べられるものの限界が入れ歯の場合はどうしてもあります。
モチやガムはくっつきやすいです。

入れ歯でも食べやすいモチの作り方があります。
ご相談いただければ作り方もお教えします。

ガムは歯科医院専売品の入れ歯につきにくい材質のガムを販売しています。
▲ページトップヘ


Q104:入れ歯を入れて食事すると味がわからなくて、食事がおいしく感じられません。
保険の入れ歯では食事を楽しむことはできないのでしょうか?

保険の入れ歯でも十分に食事を楽しむことはできます。

保険の入れ歯で不自由があるのに、お金をかけて自費の入れ歯にしたからといって良くなることはありません。

口の中が入れ歯に慣れるとおいしく食べられるようになることが多いです。
入れ歯を入れて舌と頬の筋肉を動かす運動をすると早く入れ歯に慣れることができます。
運動のやり方はお教えしています。

入れ歯に慣れないと舌や頬を動かすだけで精いっぱいで味わう余裕がないのかも知れません。
慣れて食事が上手にできるようになれば入れ歯を作りかえないで大事に使い続けることをお勧めしています。

また、上の入れ歯が厚すぎる、大きすぎることも考えられます。
削って薄く小さくするだけでもかなり感じが変わってきます。

入れ歯に慣れるやり方をお教えする、入れ歯を削るのは保険治療で数千円でできます。

いとう歯科医院では始めから高額の自費の入れ歯に作りかえることはしません。

今の入れ歯をいかに良くしていけるかが、始めにやることと思っています。
仮に作りかえる場合も今の入れ歯を良くすることができていれば、新しく作っても良い入れ歯が作れます。

《参考》
保険治療の症例 10
保険治療の症例 22
▲ページトップヘ


Q100:食事をすると、顎が疲れてしまうので入れ歯で食事するのが億劫です。
外してしまうこともあります。

入れ歯でよく噛めるように調整を行なうことで疲れが軽減します。

咬み合わせが合っていないと、噛めるところを意識して探して噛むようになります。
すると疲れるという感覚になります。

意識せずに噛めるように咬み合わせを良くすることが大事です。
調整したあと歯ぎしりしたり前後にアゴを動かしたりしてスムーズに動くようになると、食べるのもラクになります。

また入れ歯が歯グキと合っていないことも考えられます。

食べるときに入れ歯が動くので反射的に入れ歯を舌で押さえながらの食事になります。
するとやはり疲れてしまう。

入れ歯のウラを張り替えて歯グキと合うようにします。
食事のときに入れ歯がしっかりと動かなくなれば疲れは軽減します。

咬み合わせの調整も入れ歯の張り替えも、半年に一度くらい定期的にやりましょう。
劣化するのは徐々に起こるので分かりにくいですが治すと一気に良くなります。

咬み合わせの調整は保険治療で千円から数千円でできます。
1回の来院で良くなることがほとんどです。

ウラを張り替えるのは保険治療で数千円から五千円くらいでできます。
1~3回の来院でできます。

《参考》
保険治療の症例 10
保険治療の症例 42
▲ページトップヘ


Q84:食事中に食べ物が入れ歯と頬の間にたまってしまいます。
もう少し快適に食べられるようになりませんか

入れ歯が頬の形と合っていないかも知れません。

食事するときは歯だけを使っているのではありません。
舌と頬の筋肉で食べ物を歯の上に運んで噛みやすくしています。

ためしに頬を横にギューッと引っ張りながら食べてみてください。
頬に食べかすが溜まってしまって食べられないはずです。

入れ歯は失った歯の形を回復すると同時に、舌と頬の動きを助ける役割りもしてくれるのが理想です。

例えば入れ歯が貧弱な形だと頬と入れ歯の間に隙間ができて、そこに食べ物が入ってしまうことが考えられます。
逆に入れ歯が大きすぎて頬を圧迫していると食べ物の流れが悪くなることもあります。

入れ歯にプラスチックを盛り足してふくらませて頬と入れ歯の隙間をなくす。
あるいは逆に入れ歯を削って厚さをなくして頬と入れ歯の関係を適切にしていく。
すると頬が食べ物をしっかりと歯の上に運んでくれるようになります。

入れ歯の調整は保険治療で1,500円~数千円でできます。

食べにくい症状には他にも原因が考えられる場合があります。
慎重に診断してから治療することが大事です。

《参考》
保険治療の症例 25
▲ページトップヘ


Q78:左右どちらかでしか噛めない。
片方にしか噛む力が入りません。
噛みクセがあるのは良くないことはわかってはいるのですが…。

噛みクセがあること自体は気にしなくて大丈夫です。

とくに部分入れ歯の場合は入れ歯でなく自分の歯で噛もうとします。
自分の天然の歯が一番良く噛めるからです。
ときどき意識して噛みクセでないほうでも噛んでください。

噛みクセではない方では全く噛めないとしたら問題です。

入れ歯が低い、痛い部分があって噛めないなど原因が必ずあります。

部分入れ歯で自分の歯が当たらないくらい入れ歯の歯が高すぎると「自分の歯で噛みたい」とストレスになり噛めない、痛い、食いしばる、違和感があるなどの症状が出ます。

噛めない症状は調整して改善できます。
そのような調整は保険治療で数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 36
▲ページトップヘ


Q71:なまこやあわび、イカ、肉などが噛み切れない。

これらのグニュッと弾力がある食材は入れ歯で食べにくいものの代表です。
ぜひ調理の仕方に工夫してみましょう。

肉やこんにゃくは隠し包丁を深めに入れます。
かのこ切りといいます。


食べやすく、また、ソースやおつゆの味がしみ込んでおいしくなります。
これにより、ステーキやイカやタコも食べやすくなります。
質問
超一流のレストランでも食べやすくする工夫をしている話があります。

シャリアピンステーキという料理があります。
シャリアピンステーキとは、かのこ切りに隠し包丁を入れて焼いたステーキの上に炒めたキザミ玉ねぎをかけたものです。

実は家庭でも簡単に作れます。
肉はよく叩くことで、さらに柔らかくできます。

このステーキ、実は日本の料理人が編み出した料理です。
ロシアのオペラ歌手シャリアピンが帝国ホテルに宿泊していた時に「変わったステーキが食べたい」と注文を出し当時の調理長の筒井シェフが作りました。
それがシャリアピンのお気に入りとなり「シャリアピンステーキ」という名前になりました。
今でも帝国ホテルの定番メニューです。

味もさることながら歯が弱くなっていて硬い肉を食べられないシャリアピンのために、かのこ切りに隠し包丁を入れて肉を柔らかく処理したことが彼の心を捉えた一因でしょう。
質問
私も作ってみました。簡単にできます

《参考》
保険治療の症例 16
保険治療の症例 25
▲ページトップヘ


Q72:噛めるのですが飲みこみにくいです。
飲み込む時に引っかかる感じがします。

いろいろな原因が考えられます。
原因を下に3つ挙げます。
見せていただけると、どうすれば良いか判断できますので気軽にご相談ください。

①入れ歯が口の奥の方に大きすぎる。

飲み込む時に入れ歯が口の動きを阻害してしまうと飲み込みにくい症状が出ます。
入れ歯を作る時に口の中の筋肉の動くところは入れ歯で覆わないようにするのが原則です。
ただ実際には分かりにくいものです。
入れ歯が大きすぎて、覆ってはいけない部分を覆ってしまっていることは十分考えられます。

入れ歯を削って小さくすることで解決できます。
そのような入れ歯の調整は保険治療で1,500円~数千円でできます。

②入れ歯が合っていない。

飲み込む時の筋肉の動きによって簡単に外れてしまいます。
すると飲み込みにくいです。

入れ歯のウラを張り替えて歯グキと合わせることと咬み合わせのチェックをしてカチカチ気持ち良く噛めるようにすることで解決します。

入れ歯のウラを張り替えるのは保険治療で数千円でできます。

③新しい入れ歯を入れた場合などに口の中が入れ歯に慣れていない。

食事のときだけでなく一日に何回も意識して入れ歯を着けてツバを飲み込む動きをやってみると、だんだん慣れてきて飲み込みやすくなります。
とくにツバを飲む動きは舌と頬が大きく動きます。
入れ歯に慣れるトレーニングとしてやってみるのもお勧めです。
トレーニングのやり方はいとう歯科医院でお教えしています。
▲ページトップヘ


Q69:野菜や漬物が食べにくいです。
口の中でモソモソして噛み切れません。

入れ歯の調整で改善できます。

入れ歯でよく噛めるようにセラミックや金属の歯を入れることもあります。
ただ、そのような入れ歯で噛めるかどうかは人によります。
あまり過大な期待はしないでいただきたいです。
硬い歯を入れ歯につけたら歯グキが痛くなってしまうこともあります。

野菜は入れ歯で食べにくい食材です。
調理に工夫すると食べやすくなります。

野菜でもとくに白菜など葉っぱものは食べにくいことがあります。
厚さがないので噛み切れないからです。

○葉っぱものは丸めて厚くすると食べやすくなります。
質問

○キュウリなど硬いものは、千切りなどあまり細かく切ると食べにくいです。
隠し包丁を入れると噛み切りやすくなります。
質問
8ミリから1センチくらいの厚さにして上下に包丁でキザミを入れることで噛み切りやすくなります。
じゃばら切りといいます。

《参考》
保険治療の症例 16
保険治療の症例 25
保険治療の症例 41
▲ページトップヘ


Q70:麺類が食べにくいです。
長くて細いものが噛み切れません。

入れ歯の前歯の咬み合わせが合っていないかも知れません。
下アゴを前に出して上下の歯が合えば麺類のような細いものが噛み切れます。

下アゴを前に出したときに上下の歯が合わないで、すき間ができてしまう、あるいは上下の歯が1点ぐらいでしか当たらない場合に噛み切れないことが起こります。

前歯を削るか盛り足すかして形を合わせると食べられるようになります。
このような調整は保険治療で数千円でできます。

《参考》 
保険治療の症例 16
保険治療の症例 25
▲ページトップヘ


Q67:入れ歯で唇や頬をよく噛んでしまいます。

入れ歯でやたらと唇や頬を噛んでしまう話はよくあります。

噛むと口内炎ができて腫れる、腫れるとまた噛みやすくなってしまう、噛むのがクセになってしまうことがあります。
案外見逃せない症状です。

数日のあいだ様子を見ていただくと噛まなくなることも多いですが、気になるならばガマンしないで相談していただければ良く治ることが多いです。

入れ歯でも自分の歯でも、上下の歯の咬み合わせを調整することで改善できます。

咬み合わせを調整するとアゴを横に動かすのがスムーズにできるようになってピタッと症状が消えます。
特に前から3番目の歯(糸切り歯、犬歯)の咬み合わせが強く当たっていると噛んでしまうことが多いです。

入れ歯が歯グキと合っていないと入れ歯がフラフラ動いて噛みやすいことがあります。

入れ歯のウラを張り替えて歯グキと合わせると大丈夫になります。

体調の良くないときによく噛むことが考えられます。
体調にも左右されることがあって数日間は様子を見ていただくことも多いです。

体調の変化で唾液が出にくくなって口の中が渇く。
すると唇や頬が渇いて歯や入れ歯にピターッとくっついてしまい噛んでしまうことがあります。
体調が良くなって唾液が出るようになれば解決します。

唾液が少ない方は人工唾液という歯磨きペーストのようなジェルを塗ると調子良くなります。
寝る前に入れ歯のウラに塗ってから眠ると入れ歯と歯グキが痛くなく快適に過ごせます。
いとう歯科医院で42グラム入りのチューブに入った物を2,000円で販売しています。

唾液や涙なども出にくくなるシェーグレン症候群などの全身的な病変もあります。
あまり口の中が渇くのが続くようなら内科医への受診も検討してみてください。

私たちが警戒するのは、脳梗塞の前兆として唇や頬を噛む症状が現れることです。

他に「手足に力が入らない」「重いめまいがする」「いつもはない激しい頭痛がする」「ろれつが回らない、言葉が一瞬でてこなくなる」「ものが二重にみえる」などの症状があったら躊躇せず内科医への受診をおすすめします。

《参考》
保険治療の症例 14
▲ページトップヘ


Q66:噛んだときに「カチカチ」と入れ歯の歯が当たる音が気になります。

入れ歯を新しくした場合、その入れ歯にまだ慣れていないことは考えられます。しばらく使っていると徐々に慣れてくることもあります。

しばらく使っても慣れない場合は咬み合わせの調整をすることで改善します。
歯の一部分だけ強く当たっていると音が出ることがあるのでそれを調整すると治ることが多いです。
このような調整は保険治療で数千円でできます。

音が気になる方は他にも食べにくい、入れ歯が外れやすいなど、他の症状もある場合が多いです。
「たかが音ていどで」と思わずに遠慮なく相談してください。

音の他にも、食べやすくなった、違和感がなくなったなど、改善して気持ちの良い入れ歯にできます。
▲ページトップヘ


Q63:全体は当たるが、さらに噛み込むとどちらかへ咬み合わせがスベる感じがします。
なんとなくという感じなのですが気になります。
そのようなささいなことで治しに行って良いものでしょうか。
ガマンした方が良いですか。

このような感じがあるまま食事をすると、今までに比べて食べにくくなることがあります。
また入れ歯が外れやすくなることもあります。
まだ生活に不自由するほどのことではないかもしれませんが早めに入れ歯の調整をすることをお勧めしています。

原因としては、入れ歯の歯がすり減っていることが考えられます。
咬み合わせを調整することでスベらない入れ歯にできます。

歯には山と谷があります。長年入れ歯を使っているうちに歯の山がすり減ってきます。
すると今まで当たっていなかった部分が当たってきます。
その新たに当たる点が咬み合わせをスベる方向に動かしてしまうことがあります。

すると食事がしにくくなる、噛んだときに入れ歯を動かしてしまうと歯グキが痛い、外れるなどのことが起こってきます。

咬み合わせをスベらせてしまう部分を削って当たらないようにする、すり減った歯の山をプラスチックで盛り上げて復活させるなどのことで調子良くなります。

そのような入れ歯の調整は保険治療で数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 16
保険治療の症例 36
▲ページトップヘ


Q61:噛むと入れ歯の一部分が早く当たり、その後全体が当たる感じがします。
なんとなくという感じなのですが気になります。
そのようなささいなことで治しに行って良いものでしょうか。
ガマンした方が良いですか。

患者さんの立場からすると表現しにくいし小さなことのように思えるようです。
痛くはないし食べるのにも困らないからとガマンする方も多いです。
実はそのまま時間が経つと大きな症状につながる、とても気になる症状です。

ガマンしないで一回の来院で治すことをお勧めします。

入れ歯の一部分の歯が高くなっているかもしれません。
噛むと高い歯が早く当たって気になる感じがします。

咬み合わせを削ることで治ります。

ずっと調子良く使えていた入れ歯でもある日突然このような症状が出ることがあります。
入れ歯のプラスチックがほんのわずか変形したり歯グキの形が変わってバランスが崩れることはよくあります。

この状態をそのままにしておくと、痛い、入れ歯が割れるなど大きな変化が起こります。
その前の「なんとなく」のうちに敏感に察知して入れ歯の調整をすると良い入れ歯が長く使えます。

そのような入れ歯の調整は保険治療で1,500円~数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 16
保険治療の症例 36
▲ページトップヘ


Q57:食事をしていると入れ歯の外側、ほっぺや唇の裏側に食べかすが残ってしまいます。
もう少しスムーズに食べられるようになりたいです。

入れ歯の形を良くすると治ることがあります。

人は食べるとき舌と頬の両方を動かして食べます。
ためしに頬を外に引っぱりながら食べてみてください。
全く食べることができないはずです。

これは舌と頬で歯の上に食べ物を送って食べているからです。
頬が使えないと食事ができません。

これは入れ歯の場合も同じです。
舌と頬で入れ歯の歯に食べ物を送って食事をします。
歯と入れ歯が違う点は歯ぐきの形です。

天然の歯が植わっている歯ぐきは食べ物を送るのに適した形にできています。

いっぽう入れ歯では歯ぐきの形もプラスチックで人工的に作らなくてはなりません。
最初に作る時は良い形なのですが入れ歯の修理やウラの張り替えを行なっているうちに歯ぐきの形が膨らんでしまうことが多いように感じます。

形が不適当だと歯ぐきから歯に食べ物がスムーズに送られずに食べかすが残る症状が出ます。
そのような理由で歯ぐきの膨らみすぎた部分を削って良い形にすると食べやすくなります。

入れ歯の形を治すのは保険治療で数千円でできます。

食事に関する症状は原因がひとつではない場合があります。
本当に食べられるようになるかをお家で確認してご報告していただきたい思いもあります。

2~3回来ていただいて問題なく食べられるようになるまで様々な方向からの診査診断と治療におつきあい頂けるとより良い入れ歯にできますし今後の治療の参考になります。

他にも入れ歯と歯ぐきが合っていない、咬み合わせが合っていないと食べにくいです。

入れ歯のウラを薄く張り替えて歯グキの形と合わて歯グキと入れ歯がぴったりと合うと効率良く食べ物を噛むことができるようになります。

入れ歯のウラを張り替える治療は1~2回の来院でできます。
保険治療で数千円でできます。

咬み合わせが合っていないとスムーズに噛めません。
バランスよく噛めるように入れ歯の歯を削ったり盛り足したりします。

咬み合わせの調整は1~2回の来院でできます。
保険治療で1,500円~数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 36
▲ページトップヘ


Q49:痛みはないのですが入れ歯だと食事が美味しくないです。
どうすればより食事をしやすくできますか?

入れ歯だと食事がおいしくない、味がわかりにくくなってしまった、という方は多いです。
これは2つの方法で改善することができるので心配しないでください。

入れ歯を削って薄く小さくすると改善します。

入れ歯で食事がおいしくないのは入れ歯が異物だからです。
入れ歯は違和感があり慣れるのに時間が掛かります。

失った歯の本数が増えると入れ歯も大きくなり違和感も強くなります。

もっとも入れ歯にある程度大きさがあるのは理由があってのことです。
強度を保つ、口内での安定を図る、舌や頬の動きに調和させるなど。
むやみに削るのは考えものですので慎重な診断が必要です。

もうひとつは舌の運動をして口の中を入れ歯に慣れさせると食事も美味しくできるようになります。

入れ歯は厚さがあるので口の中に出っ張りが出来てしまいます。
それが舌の動きをジャマしてしまい食事中いつも食べ物よりも入れ歯を意識してしまう。
食べにくい、おいしくないと思うようになってしまう。

そこで舌が入れ歯に慣れるようにしてあげることで舌がスムーズに動くようになって食事がおいしく出来るようになります。

舌の運動のやり方は様々なやり方をお教えしています。

《参考》
保険治療の症例 5
保険治療の症例 10
▲ページトップヘ



Q46:食事が奥歯で噛みにくくなった感じがします。

新しい歯に交換したり、すり減った部分だけを入れ歯用プラスチックで盛り上げて奥歯の高さを回復すると元のように食べられるようになります。

入れ歯は長年使っていると奥歯がすり減って噛みにくくなります。
奥歯の形を回復させると調子良く使えるようになります。
1~2回の来院で治ります。
入れ歯の歯を回復する治療は保険で数千円でできます。

咬み合わせが変わると噛みにくい以外にも様々な症状が出ます。
噛みにくい、噛むと痛い、食事がなんとなくしにくい、口の端が切れる、入れ歯が外れやすいなどのことが起きます。

「なんとなく○○な感じがする」という、あいまいな感じも多いです。
なんとなく、くらいだからガマンしようかな、と思われる方も多いようですがガマンしないで相談していただいた方が早く良く治ります。

《参考》
保険治療の症例 10
保険治療の症例 36
保険治療の症例 39
▲ページトップヘ
   
保険で治す入れ歯とは入れ歯でしゃべれない
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q106 歯の間から空気が抜けてしまいます。サ行、タ行の発音がうまくできないです。食べ物が歯の間から漏れる感じもあります

Q99 入れ歯を入れているとサ行、タ行の言葉が話しにくいです。入れ歯の歯に隙間があるようには見えないのですが空気が漏れてしまいます。うまくしゃべれるようになりますか?

Q51 入れ歯だと、しゃべりにくいです。食事は普通にできます。あめ玉をしゃぶりながら話している感じになってしまって、つい入れ歯をはずしてしまいます。

Q106:歯の間から空気が抜けてしまいます。
サ行、タ行の発音がうまくできないです。
食べ物が歯の間から漏れる感じもあります。

原因がわかれば簡単に治ります。
入れ歯にプラスチックを盛り上げて形を整えて空気が抜けないようにできます。

入れ歯の歯に隙間があると空気が抜けます。
また部分入れ歯の場合は入れ歯の歯と自分の歯に隙間ができることもあります。
また噛んだときに上と下の歯の間に隙間があると空気が抜けます。

すると食べ物がはさまったり話しにくかったりすることが起こります。

プラスチックを盛り上げるのは保険治療で数千円でできます。
食べものがスグにはさまったり話しにくかったりすることが起こります。
1~2回の来院でできます。

プラスチックを盛り上げる治療自体は1回でできますが案外大きく形が変わるので、念のためもう1回来ていただいて不自由がないかどうか確認できると安心です。

《参考》
保険治療の症例 3
保険治療の症例 8
▲ページトップヘ


Q99:入れ歯を入れているとサ行、タ行の言葉が話しにくいです。
入れ歯の歯に隙間があるようには見えないのですが空気が漏れてしまいます。
うまくしゃべれるようになりますか?

しゃべれるようになります。

舌と上アゴに隙間ができるようだと発音の時にそこから空気が漏れます。
サ行タ行は口の中に空気を貯めて一気に出すことで発音します。
隙間があると空気が漏れて発音しにくいです。

上の入れ歯の口蓋部分にプラスチックを盛り足して隙間を埋めます。
発音時に空気が漏れないようにすると発音が良くなります。

どのような形に盛り上げれば良いかは人によりますので何回か盛り上げる形を変えていって最適な形を探す場合もあります。

また舌の慣れの問題もあります。
舌が入れ歯に慣れていないと発音しにくいことがあります。

舌が入れ歯に慣れる運動のやり方があります。
運動を毎日何度も行なうことで発音が上手になってきます。
運動のやり方はお教えします。

プラスチックを盛り上げる入れ歯の調整、発音の指導は保険治療で数千円でできます。

《参考》
保険治療の症例 3
▲ページトップヘ


Q51:入れ歯だと、しゃべりにくいです。
食事は普通にできます。
あめ玉をしゃぶりながら話している感じになってしまって、つい入れ歯をはずしてしまいます。

入れ歯を削って薄く小さくすると改善できます。

入れ歯を薄く小さくするのは保険治療で千円~数千円でできます。

しゃべりにくいのは異物だからです。
入れ歯は異物ですから大きくなると違和感が強くなり慣れるのに時間が掛かります。

失った歯の本数が増えると入れ歯も大きくしなければなりません。
大きくなれば、違和感も強くなります。

今使っている入れ歯を限界まで削っても改善しない場合もあります。
その場合は入れ歯を新しく作り直すのも一つの方法です。
入れ歯を取り外して見るとちょうど良い大きさのように思えても口の中に入れると入れ歯が分厚いな、という印象を受けることがあります。

口と入れ歯の大きさが合っていないのかも知れません。

入れ歯の大きさを意識しながら新しく作ることで解決できることもあります。
意識しながら作るのと、何も考えないで作るのとでは入れ歯の出来が違ってきますので患者さんの側でも気づいたことは遠慮なく言ってください。

入れ歯を作り直すのは保険治療で5,000円~1万5千円でできます。

さらに、舌を入れ歯に慣れさせるとしゃべりやすくなります。

入れ歯に慣れるための舌の運動のやり方があります。
難しくありませんのでご指導します。
練習してしゃべれるようになった、歌が歌えるようになった、という方も多いです。

《参考》
保険治療の症例 3
保険治療の症例 22
▲ページトップヘ
   
保険で治す入れ歯とはなるべく削らないでほしい
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q33 痛くない健康な歯まで削られたことがあります。説明して納得したうえで治療を進めてほしい。

Q113 歯の詰めものが外れてしまいました。そのまま、つけられますか?

Q114 歯を削られて、かえって痛くなってしまいました。何もしなくてもズキズキと痛いです。痛みは取れますか?

Q115 歯型をとったり口の中に手や器具が入ったり歯を削ったりするのが苦痛です。嘔吐反射が強くてオエーッとなります。そのせいでムシ歯を放置してしまっていますが大丈夫でしょうか?

Q116 大きいムシ歯があります。痛いとかしみることはありません。麻酔して歯の神経を取る治療しかないと言われたことがあります。普通の生活には困っていないのに大きく歯を削られるのは抵抗があります。回数がかかるのも通うのが大変です。なんとか神経を取らないで治療できますか?

Q33:痛くない健康な歯まで削られたことがあります。
説明して納得したうえで治療を進めてほしい。

それは大変でしたね。

定期健診だけしてほしかったのに勝手にレントゲンを撮られたり痛くもない歯を削られたりしたという話を聞きます。

歯は削ると元に戻すことはできません。
後戻りできない治療は慎重にやるべきと思っています。


説明もなく歯を抜かれた、もう治っているのに何度も通わされたなど歯医者への不信感を抱いている方の話をお聞きすることもあります。

歯科医の説明不足も原因の一つだと思います。
そのようなことがないように十分な説明を心がけているつもりでも行き届かない場合もあるかもしれません。

疑問に思うことを患者さんからもっと質問していいと思います。
どんどん質問したり要望を伝えたりした方がかえって治療がすすめやすいです。

入れ歯とかぶせものとどっちが良いのか、どの程度のムシ歯なのか、どんな治療をしようとしているのか、何回ぐらい通うのか、費用はどのくらいかかるのか、患者さんが疑問に思うことは遠慮なく質問してください。

いとう歯科医院では治療について口頭で説明するとともに説明のプリントを差し上げています。
入れ歯の扱い方、ウラを張り替える治療について、咬み合わせの調整について、ムシ歯の治療法、口の中の写真撮影とその説明など、細かく詳しく説明するように心がけています。

また保険の入れ歯にしようか、自費の金属床入れ歯にしようかという場合などは1週間くらい考えてご家族の方とも相談していただくことをお勧めしています。
「今すぐ決めて!」ということはありません。

十分相談して時間をかけて考えて決めた方が長く満足できる治療ができます。
とにかく納得できるまで聞くことが大事です。

《参考》
保険治療の症例 40
▲ページトップヘ


Q113:歯の詰めものが外れてしまいました。
そのまま、つけられますか?

単に外れただけなら再び接着剤でつければ大丈夫です。

1回の治療でできます。
保険治療で1,500円~数千円でできます。
詰めものが外れて歯科医院に行くときは念のため取れてしまった詰めものを持ってきてください。

歯の詰めものは粘り気の強い食べ物、ガムやキャラメルを食べたのをきっかけに外れてしまう場合があります。
また歯と詰めものを着けている合着剤の経年劣化で外れてしまうこともあります。

詰めものが外れる原因として多いのは詰めものをした歯がムシ歯になって外れてしまうケースです。
ムシ歯を削って新しい詰めものを入れることになります。
その場合は1~3回通うことになります。

詰めものが取れた後に痛い、虫歯が大きいときは歯の根の神経を取り除く治療が必要になることがあります。
その場合は5回くらい通うことになります。

痛い場合は神経を取らざるを得ないですが、虫歯が大きくても痛みがない場合はなるべく歯の神経を取らない治療をします。
いとう歯科医院では虫歯をあえて削らずに薬を塗って虫歯が進まないようにして詰める治療を数多く行なっていて成功しています。

虫歯を削らないで薬を塗って詰める治療は、くわしくは
Q116 大きいムシ歯があります。痛いとかしみることはありません。麻酔して歯の神経を取る治療しかないと言われました。普通の生活には困っていないのに大きく歯を削られるのは抵抗があります。回数がかかるのも通うのが大変です。なんとか神経を取らないで治療できませんか?
の項も参考にしてください。

《参考》
保険治療の症例 35
▲ページトップヘ


Q114:歯を削られて、かえって痛くなってしまいました。
何もしなくてもズキズキと痛いです。
痛みは取れますか?

虫歯が深いけど痛くはなかった。
そのような歯を歯医者が削ったことで刺激になって、かえって歯が痛くなってしまうことがあります。
痛かった歯が治療をした後にもっと痛みが強くなることもあります。

さぞご心配のことと思います。
1日程度で痛みが取れることがほとんどです。
1日くらい待っても良くならない場合は応急処置で痛みを取り除く必要がありますので現在かかっている歯科医師に相談してみてください。

歯を丁寧にですが深く削って歯の神経まで達する穴を開けます。
それから痛みを取る薬をムシ歯の穴に入れると数時間から半日くらいで痛みは治まります。

応急処置は1回の治療で痛みは治まります。
保険治療で1,000円から2,000円くらいでできます。

痛みが治まった後は歯の神経を取り除く治療をしてから詰めもの、かぶせもので穴をふさぎます。

5~6回くらい通っていただく必要があります。
保険治療で3,000円~8,000円ほどでできます。
治療部位、虫歯の大きさによって価格が変わってきます。

歯を削るなどの後戻りできない治療は慎重にやるべきと思っています。
元に戻すことができないからです。

いとう歯科医院では例えば歯を抜いたり神経を抜いたりせずに治せる可能性があれば、ほとんど歯を削らないで薬をムシ歯につけて殺菌してきれいに埋める治療も行なっています。
Q116 大きいムシ歯があります。痛いとかしみることはありません。麻酔して歯の神経を取る治療しかないと言われました。普通の生活には困っていないのに大きく歯を削られるのは抵抗があります。回数がかかるのも通うのが大変です。なんとか神経を取らないで治療できませんか?
の項を参考にしてください。

治療後に痛むかもしれない時は予防的に痛み止めの薬をお出しすることもありますが、多くの場合痛みは出ないで済むか、数日でなくなります。

歯科医院ではその場ですぐ治療方針を決められる場合と、痛みや腫れの経過を見ながら時間をかけて患者さんと相談しながら治療方針を決めていく場合があります。

神経をとらずに詰めものをして数日間その部分が痛むこともあります。
その場合も数日間または何週間かで痛みが消えることがほとんどです。

治療後にどんな感じで痛みがあるかも歯科医にとって大切な情報です。
遠慮なく、どういうときにどう痛んだか教えてください。

急いで歯を削って治療しなければいけないような痛みか、削らずに様子を見たほうが良いのか判断して説明します。
▲ページトップヘ


Q115:歯型をとったり口の中に手や器具が入ったり歯を削ったりするのが苦痛です。
嘔吐反射が強くてオエーッとなります。
そのせいでムシ歯を放置してしまっていますが大丈夫でしょうか?

嘔吐反射が強い患者さんは小さな歯科用ミラーを口に入れただけでも反応してしまうこともあります。
緊張していることが原因のことも多いです。

少しでもリラックスしていただけるよう努めています。
治療前に嘔吐反射のことをあらかじめ言ってください。

口を開けるのが苦手であれば、なおさらムシ歯をなるべく早く治して歯みがき指導や歯石取りをしてムシ歯になりにくいようにするのが一番です。

具体的な対応としては無理しないで型取りの要らない治療方針もあります。
嘔吐反射が強い患者さんの型を取る時はいつも使う材料より短時間で素早く固まる材料を使って型をとったりします。

また歯を削るときに歯に水をかけながら削ります。
その水で嘔吐反射が起こることも多いです。
時間はかかりますが水を使わないで削ると嘔吐反射を起こすことなく削ることができますのでご安心ください。

鼻とお腹でゆっくり呼吸するとかなりラクです。
真横に治療イスを倒さないで、患者さんが座った状態で削ると嘔吐反射は起こりにくいです。

また大学病院に行くのも一つの有効な方法です。

以前そのような患者さんの治療を依頼したことがあります。
点滴で鎮静剤を入れてリラックスした状態を作って治療をしたとの報告を受けました。
大学病院だからできるやり方です。
必要な場合に紹介しています。
▲ページトップヘ


Q116:大きいムシ歯があります。
痛いとかしみることはありません。
麻酔して歯の神経を取る治療しかないと言われたことがあります。

普通の生活には困っていないのに大きく歯を削られるのは抵抗があります。
回数がかかるのも通うのが大変です。
なんとか神経を取らないで治療できますか?

なんとか神経を取らないで治療できることが実は多いです。

いとう歯科医院では「今は痛くないけれど痛くなりそうだから」と先回りして歯の神経を取る治療をすることはほとんどありません。

大きい虫歯があっても痛みがなければ、歯を削らずにムシ歯の穴に薬を入れてムシ歯の原因になっているバイ菌を殺菌してから穴をふさぐことで治る場合があります。

この治療法を「3Mixを用いた治療法」といいます。
テレビのニュースなどでも話題になったことがあるようです。

今まではムシ歯を削って歯の神経を取ってかぶせものを作る。
5~6回以上通わざるをえなかった所を、削らないで穴を埋めることで1~2回で治療できて、しかも痛くなく長持ちします。

ムシ歯に薬を入れて穴をふさぐのは1,500円~3,000円でできます。

3Mixについての説明です。

むし歯は、口の中にいるミュータンス菌など様々な細菌が食べかすなどから酸を作り、酸が歯を溶かすことで起きます。
むし歯の部分にいる細菌さえ退治すれば歯を削らずにむし歯の進行を抑えてそのままの状態で歯を保つことができるという考え方です。

このことに基づいた治療法を「3Mixを用いた治療法」と呼んでいます。
3Mixとは細菌を殺す3種類の抗菌薬と薬剤を浸透させる軟膏などの頭文字をとっています。

歯は表面の硬い「エナメル質」、その下の「象牙質」、血管や神経が走る「歯髄」の三層構造です。
むし歯がエナメル質にとどまっているうちは痛みはありません。

象牙質まで進行すると痛みが出ることがあります。
象牙質は「象牙細管」という細いチューブが集まってできていて歯髄の神経につながっています。

象牙質に達したむし歯の治療では、むし歯で色が黒くなった部分を削り金属などを被せるのが一般的です。

しかし象牙細管に潜む菌を完全に取り除くことは難しく、しばらくたつとむし歯が広がり再び歯を削るケースが多くみられます。

3Mixはこの弱点を克服する手法です。

むし歯部分に抗菌薬を塗り、樹脂などでフタをすると薬で細菌が死滅します。
むし歯で破壊された部分にカルシウムが沈着し、時間が経つと象牙質部分が元のような状態に回復します。

一度処置すれば、抗菌効果は長期間続きますので、従来の常識を一新する手法ともいえます。

この治療で使う抗菌薬は、メトロニダゾール・ミノサイクリン・シブロフロキサシンの3種類です。
新潟大学大学院医歯学総合研究科教授の星野悦郎先生がこの3剤の組み合わせが無菌化に有効であることを発見しました。
それに軟膏のマクロゴール(M)とプロピレングリコール(P)を加えることで、歯の中への抗菌薬の浸透性が高くなることも分かりました。

いずれの薬も内科などで使われており使う量は微量なので安全性には問題ないと言われています。
今のところ副作用などは報告されていません。

「歯は削って詰める」のが当たり前と思われていた歯科治療に転換を迫る治療法といえます。

昔の考え方では、若い時はむし歯で歯を抜くことが多いけれど、高齢者では歯周病で抜くことが多いと考えられていました。

しかし最近の調査で高齢者でも虫歯で抜くことの方が多いことが分かってきました。
いとう歯科医院でも高齢の方の虫歯治療を多く手がけています。

なるべく長く痛くなく自分の歯で食べたいものです。
たかがむし歯と侮らずしっかり治療しましょう。
もちろん虫歯予防のために定期的な健診も大切です。
そのためのご案内も差し上げています。

もっとも歯が何もしなくても痛い、食事がしみて食べられない、少し噛むとズキッと痛いなど、痛みが激しいときには3Mixはできません。
神経を取る治療を行います。

神経を取る治療とは、歯を残したまま歯の根の中の神経だけを抜く治療のことをいいます。
経過を見ながら消毒を繰り返すので5~6回くらい通っていただくことになります。
保険治療で全部で3,000円~8,000円でできます。
治療する部位、虫歯の大きさによって価格が変わります。

痛みを止めなければいけないときは神経を取る治療をするのがもっとも効果的ですが、それ以外のときは神経を取る治療はなるべく行なわない方が良いと、いとう歯科医院では考えています。

神経を取ることで痛みはほぼ確実になくなりますが他に様々な欠点があるからです。

治療後に年月が経つと神経のあった空間にバイ菌が入って痛みや腫れを起こすことがあります。
神経を抜いてしまった歯は歯の中に栄養分が行き渡らなくなります。

歯の色が黒ずんでくる場合もあります。
弾力性を失って枯れ木のような状態になった歯は折れたり割れたりしやすくなります。

《参考》
保険治療の症例 40
▲ページトップヘ
   
保険で治す入れ歯とは歯を抜くことについて
いとう歯科医院
いとう歯科医院 いとう歯科医院
 

Q2 別の歯科医院で歯を抜く以外に方法がないといわれたのですが歯を抜くのは不安です。なんとか抜かないで済みませんか?

Q4 歯が何本か抜けていますが今のところそのまま放置してあります。前歯ではないので見た目は気になりません。食事も普通にできます。それでも抜けた部分をかぶせる、入れ歯を入れるなど治したほうがいいでしょうか?

Q6 グラグラで痛くて抜いてもらいたい歯があります。抜歯後、どのくらいの期間で入れ歯を作れますか?

Q7 むかし、いきなり歯を抜かれたことがあります。治療が必要な歯があるのですが、ちょっと不安です。

Q24 歯が抜けた部分がありますが入れ歯を使っていません。そのままで大丈夫でしょうか

Q80 ほとんどが入れ歯なのですが自分の歯が最後の一本だけ残っていました。その一本が最近グラグラと揺れるようになり先日ついにポロリと抜けてしまいました。歯が抜けたとたんに入れ歯がはずれたり、浮き上がるようになって食事ができずに困っています。

Q93 歯を抜いて入れ歯にするしかありません。と言われました。まだ自分の中で歯を抜く決心がつかず困っています。歯を抜かないで何とかなりませんか?

Q117 セラミックでかぶせた歯の周りが腫れています。腫れがなくなったら抜きましょう、と言われました。抜かれるのは怖いです。

Q119 かぶせものが外れてしまいました。歯の根が傷んでいるのでかぶせものを付けられませんと言われました。両隣の歯を削ってブリッジにしたり歯を抜いてインプラントにしたりする必要があるとのことですが、あまりに高額になるようです。保険治療でかぶせものが再び使えるようになりませんか?

Q2:別の歯科医院で歯を抜く以外に方法がないといわれたのですが歯を抜くのは不安です。
なんとか抜かないで済みませんか?

不安な気持ちはよくわかります。
そのようなご相談を受けて口の中を見ると実は抜かないで大丈夫な場合が多いという印象を私自身は持っています。

いとう歯科医院では患者さんが「抜いてください」と言わない限りは歯は抜きません。
抜かないで他に治療法がある場合が多いからです。

歯は抜くと元に戻すことはできません。
後戻りできない治療は慎重にやるべきと思っています。

患者さんは抜くほどには悩んでいないのに歯医者のほうが先回りして抜くのはもったいないことです。

歯はなるべく抜かないほうがいいです。

歯が残り少なくなったときにブリッジや入れ歯の支えになってくれることもあります。
状態が悪くてもムシ歯を取り除いて歯の根だけでも残すと数年後に役立つことも少なくありません。

また歯が折れたりムシ歯で欠けているものの、歯の根だけが残っている場合があります。
そういった歯の根も、グラグラして触るだけで痛い、繰り返し腫れるなどの特別なことがなければ抜く必要はありません。

歯の根の上にかぶせものを作る、歯の根の上に入れ歯を作ることで快適に長持ちします。
それらの治療も保険でできます。

逆にそのような不安定な歯の根がある場合はセラミックのかぶせものとか金属床の入れ歯とか高額な自費の治療は行なわない方が良いです。
根が割れてしまったり痛みが出る可能性が高いからです。

高いお金を払ったのにスグにダメになった! と後悔しないためにも安全安心な保険の治療で歯の根が安定するかどうか見ていくことをお勧めします。

ひどく腫れていて治療の方法がない場合や他の歯やアゴの骨にも影響を及ぼしているなど「これは抜かないと」という状態ならば患者さんにも分かるものです。

ちょっと噛みあわせるだけで飛び上るほど痛い、痛くて食べられない、舌で押しても歯がグラグラ動くなど、明らかにおかしくなります。
そのような場合には遠慮なく言ってください。

まず腫れをおさえてから抜きます。
そこまでの状態になってしまった歯は抜くのも簡単です。

《参考》
保険治療の症例 13
保険治療の症例 28
保険治療の症例 37
▲ページトップヘ


Q4:歯が何本か抜けていますが、今のところそのまま放置してあります。
前歯ではないので見た目は気になりません。
食事も普通にできます。
それでも抜けた部分をかぶせる、入れ歯を入れるなど治したほうがいいでしょうか?

見た目は気にならず食事もできるのなら、ムリにかぶせるとか入れ歯にするとかは必要ないことも多いです。

下図のように前から5番目までの歯がそろっていれば、そのままで見た目、食事とも大丈夫なことがほとんどです。
質問
前から5番目とは赤い×印以外の歯です。
赤い×印の歯を失っているだけのところを入れ歯で治そうとすると違和感の方が強く入れ歯をうまく入れられないことが多いです。

スウェーデンなど北欧の歯科先進国ではこれだけ歯が残っていたらそのまま生活します。
無理に入れ歯など入れません。

せっかくいい歯並びですので維持するために半年に一度の定期的な健診をお勧めします。
残っている歯がムシ歯になっていないか、咬み合わせのバランスが整っているか確認して良い状態が長続きしていただきたいです。

これ以上歯が抜けると見た目も食事も不自由になります。
その際はご相談ください。
見た目も食事も、保険で良い治療をすることで回復できます。

必要な部分が抜けたままだと良くありません。
歯がないまま放置すると口の中の状況が変わります。
あとの治療が、より下記のように大変になることもあります。

①歯が傾いてきたり、抜けた歯に向かい合った歯が伸びだしてきて、後の治療が困難になる。

②かみあわせがずれて、いろいろな症状(痛い、食べにくい、アゴがカクカクいう等)がでる。

③歯の間にスキマができて食べものがはさまる症状が起こる。

気になると言う方はかなり多いです。

④歯みがきがしにくくなり、残った歯がむし歯になったり歯グキが腫れたりする。

これにより残った歯の負担が増えて

・抜けやすくなる
・痛くなる
・治療がより困難になる


など残っている他の歯にも悪いことが起こります。

こうならないために、つめものをする、かぶせものをする、入れ歯を入れる、などの治療をします。

上下の咬み合わせを保つために入れ歯が必要なこともあります。

例えば上の6番目の歯があるのに下は歯がない場合、上の6番目の歯が動いてしまうことがあります。
歯が動くのを防ぐために下に入れ歯やブリッジで歯を作る必要があります。

入れ歯が必要かどうかは遠慮なく相談いただければと思います。
何でもかんでも入れ歯を作ったり、いきなり歯を削ってブリッジを入れることはありません。

せっかく作ってもあなたが気持ち良く使えなければ治療とは言えないからです

一番大事なことは、半年にいちどの定期的な検診をすることです。
早めに治療、こまめに予防をして今以上に歯を抜くことがないようにする努力が大切です。

いとう歯科医院では予防と早期治療の説明やご案内に力を入れています。
具体的には患者さんの口腔内写真を用いた説明、紙しばいと冊子での啓蒙、定期的なご案内などの活動を行なっています。

《参考》
保険治療の症例 1
保険治療の症例 17
▲ページトップヘ


Q6:グラグラで痛くて抜いてもらいたい歯があります。
抜歯後、どのくらいの期間で入れ歯を作れますか?

その日に入れ歯を作れます。

抜歯した直後に入れ歯を修理して、その日のうちに使えるようにするのが理想です。
麻酔の後3時間くらい経てば食事もできます。


入れ歯で覆うことで抜いた部分の出血を止めて汚れが入るのを防ぐ効果もありますので安心です。
2~3回通っていただいて抜いた傷口の消毒と入れ歯の調整をするとより調子良くなります。

抜歯、入れ歯の修理は保険で数千円でできます。

歯を抜くと全身に影響を及ぼす場合があります。
全身的な病気をお持ちの方と薬を服用している方はぜひ言ってください。
事前に分かると危険が少なく治療できます。

ただし、抜かないで咬み合わせの調整をして少しでも長持ちさせる、痛みの原因となっている腫れを薬を服用して取り除くなどのことで抜かないで長持ちすることも多いです。

歯は抜くと元に戻すことはできませんので後戻りできない治療は慎重にやるべきと思っています。

《参考》
保険治療の症例 1
保険治療の症例 4
保険治療の症例 8
保険治療の症例 9
保険治療の症例 13
保険治療の症例 24
保険治療の症例 30
保険治療の症例 44
▲ページトップヘ


Q7:むかし、いきなり歯を抜かれたことがあります。
治療が必要な歯があるのですが、ちょっと不安です。

大丈夫です。
いきなり抜くことはありません。


いとう歯科医院では患者さんが「抜いてほしい」とハッキリと言うまでは歯医者から働きかけて抜くことはありません。
歯を抜くのは最後の手段と思っています。

歯は抜くと元に戻すことはできません。
後戻りできない治療は慎重にやるべきと思っています。

抜かないで咬み合わせを調整する、入れ歯を修理する、歯の根の治療をていねいに行なっていくなどのことで症状を緩和できることが多いです。

これらの治療は保険でできます。

抜かないで良くする方法を最大限考えていきます。
きちんとと相談しながら治療方針を一緒に考えていきましょう。

歯を抜くのは抜く部位によって、全身状態によって難しい場合があります。
その場合は日本歯科大学東京校の大学病院をご紹介しています。
紹介状を持って行っていただくという形になります。

大学病院は口腔外科という歯を抜く専門組織があります。
難しい抜歯ばかり毎日行なっている頼れる先生たちです。
開業医では難しい歯も安全にラクに抜くことができます。

《参考》
保険治療の症例 13
保険治療の症例 28
保険治療の症例 37
▲ページトップヘ


Q24:歯が抜けた部分がありますが入れ歯を使っていません。
そのままで大丈夫でしょうか?

抜けた部分によります。

前歯なら見た目が良くないので治さないと人にも会えませんね。
奥歯は抜けた部分によって、ぜひとも治した方がいい場合とそのまま食事に困らなければ、あえて入れ歯など入れない方がいい場合もあります。

歯がないまま放置すると口の中の状況が変わって、後の治療がより大変になることもあります。

①歯が傾いてきたり、抜けた歯に向かい合った歯が伸びだしてきて、後の治療が困難になる。

②かみあわせがずれて、いろいろな症状(痛い、食べにくい、アゴがカクカクいう等)がでる。

③歯の間にスキマができて食べものがはさまる症状が起こる。
意外とする方が多いです。

④歯みがきがしにくくなり、残った歯がむし歯になったり歯グキが腫れたりする。

これにより残った歯の負担が増えて

・抜けやすくなる
・痛くなりやすくなる
・治療がより困難になる


など、残っている他の歯に悪いことが起こります。

こうならないために、つめものをする、かぶせものをする、入れ歯を入れる、などの治療をします。

一番大事なことは、半年にいちどの定期的な検診をすることです。
早めに治療、こまめに予防をして今以上に歯を抜くことがないようにする努力が大切です。
《参考》
保険治療の症例 1
保険治療の症例 6
保険治療の症例 8
保険治療の症例 9
保険治療の症例 17
保険治療の症例 44
▲ページトップヘ


Q80:ほとんどが入れ歯なのですが自分の歯が最後の一本だけ残っていました。
その一本が最近グラグラと揺れるようになり先日ついにポロリと抜けてしまいました。
歯が抜けたとたんに入れ歯がはずれたり、浮き上がるようになって食事ができずに困っています。

残っている歯が根元から抜ける、あるいはボキッと折れることがあります。
入れ歯を支える歯がなくなってしまうと入れ歯は当然ゆるくなります。

1回の来院で入れ歯を修理することでまた食事ができるようになります。
他の歯が何本か残っていれば1回~3回ほどの来院で見た目も良くなります。
食事もよくできます。

いっぽう最後の一本が抜けて歯が1本→0本になった場合は難しい治療になることがあります。

何回か粘り強く通っていただいて保険治療で入れ歯を良くことをおすすめします。

歯があるところに入れる部分入れ歯と歯が一本もない中に入れる総入れ歯では入れ歯の形が全く違います。
そこで歯がなくても入れ歯が安定するに、さまざまな工夫が必要になってきます。

入れ歯のウラを張り替えて歯グキと合わせる、咬み合わせを削ったり盛り足したりして調整する、大きく形を変える場合もあります。

入れ歯を着けて左右にアゴがスムーズに動かせるように調整できると入れ歯が安定します。

入れ歯の調整は簡単にできることもありますし回数かかることもあります。
これらは保険治療で数千円から五千円くらいでできます。

場合によっては今使っている入れ歯を調整してから、それを参考にして新しい入れ歯を作ると、より見た目良く調子良く長持ちします。
新しい入れ歯も保険治療で約一万円でできます。

新しい入れ歯を高額な自費の金属床入れ歯にすることもできますが、初めていらした患者さんにお勧めすることはありません。
ちゃんと定期健診に来てくださるか、ある程度保険の入れ歯で使っていただいて、どのような治療が必要になってくるかなど判断してから行なった方が安全安心です。

《参考》
保険治療の症例 4
保険治療の症例 8
▲ページトップヘ


Q93:歯を抜いて入れ歯にするしかありません。と言われました。
まだ自分の中で歯を抜く決心がつかず困っています。
歯を抜かないで何とかなりませんか?

患者さん自身で「歯を抜かないで何とかなりませんか?」と考えている状態の時は、いとう歯科では抜かないで何とかする方法を全力で考えます。

抜かないで咬み合わせの調整でラクにして少しでも長持ちさせる、歯の根を丁寧に消毒して鎮静を計るなど。
「もしかしたら抜かないで大丈夫かも」と常に考えながら治療をしています。

症状にもよりますが 実際に3年超えても抜かずに良好に長持ちしている方も数多くいらっしゃいます。

歯を抜く治療については患者さん自身で決心がついてから行なうのが、いとう歯科のやり方です。

抜く以外に方法がないような状態になれば患者さん自身が「もう歯を抜いてください」と言うようになります。

歯を抜く場合でもそうなってから抜いたほうが痛くない、腫れないで経過良好です。

むしろ患者さんが「歯を抜いてください」と言うところを抜かないで症状を治して良好に長持ちさせられることが多いです。

もっとも現在かかっている歯科医院があればよく話し合うことが一番大事です。
早めに抜いて対処したほうがいい理由があるのかも知れません。

歯科医が「いや、とにかく抜くしかありません」の一点張りで会話にならなければ困りますが、ちゃんと説明してくれて納得できればその歯科医の治療を受けるのがベストだと思います。

抜いた後にどのような対処、治療をするかも大事です。

歯を抜いた後に、どうなってしまうんだろう? という不安はありますよね。
歯を抜いて入れ歯にすれば全てが解決するわけではありません。

歯を抜く話だけでなく、その後の治療についてもよく話し合ってください。
いとう歯科でたまに行なうのが、抜けそうな歯を保護するマウスピースを作ることです。

マウスピースというか、歯がついていない入れ歯と言ったほうがイメージしやすいかも。
それを眠るときなどに入れて入れ歯を入れることに慣れてもらいます。

マウスピースがグラグラの歯を保護してくれて少しでも長持ちします。
歯を抜いた、あるいは自然に抜けたときもその使い慣れた入れ歯にプラスチックで歯を継ぎ足すだけです。
歯が抜けた後も違和感なく入れ歯に慣れることができます。

また歯が抜ける前にあらかじめ歯の型を採って入れ歯を作っておくこともあります。
歯が抜けても、その日のうちに新しい入れ歯が入ります。
抜けた部分だけプラスチックで歯の形を回復するだけです。

いとう歯科医院では入れ歯の扱い方を冊子などで分かりやすく説明しますので安心して聞いてください。

歯を抜く、抜かないように努力する、入れ歯を作る、これらは全て保険治療でできます。
1万円以上かかることは、あまりありません。

《参考》
保険治療の症例 4
保険治療の症例 13
保険治療の症例 37
▲ページトップヘ


Q117:セラミックでかぶせた歯の周りが腫れています。
腫れがなくなったら抜きましょう、と言われました。
抜かれるのは怖いです。

まずは抜く必要のないことがほとんどです。

これは抜かないと、という状態になれば患者さん自身で分かります。

例えば歯の根が折れている場合は抜く必要があります。
でもその場合は腫れが大きかったり、激しい痛みがずっと続いたり、様々な治療をやっても腫れが1ヵ月以上治らなかったりします。

ですから患者さん自身が抜くのに疑問を感じている状態ならば、いとう歯科医院では率先して抜くことはありません。

薬を飲むことで腫れは治ります。
腫れを起こしているばい菌をやっつける抗生物質です。

さらに今後腫れないようにします。

方法としてはかぶせものを少しずつ削ってかみ合わせの調整をします。
セラミックや金属のかぶせものは、どうしても強く噛みすぎる傾向があるように思います。
かみ合わせが強すぎると歯の根に刺激になって歯ぐきを傷めたり、中のばい菌が活動します。
そこでかみ合わせの調整をして刺激をなくします。

カチカチと噛んだ瞬間に「あっ! ラクになりました。」ということも多いです。

患者さんが納得していないのに歯をいきなり抜いたりかぶせものを外したりすることはありません。
安心してご相談ください。

かみ合わせの調整と薬を処方するのは保険治療で1,500円~2,000円です。

《参考》
保険治療の症例 18
保険治療の症例 37
▲ページトップヘ


Q119:かぶせものが外れてしまいました。
歯の根が傷んでいるのでかぶせものを付けられませんと言われました。
両隣の歯を削ってブリッジにしたり歯を抜いてインプラントにしたりする必要があるとのことですが、あまりに高額になるようです。
保険治療でかぶせものが再び使えるようになりませんか?

本当に抜かなければいけないこともありますが、かぶせものが再び使えることも多いです。

歯の根は傷んでいるように見えても適切な処置によって生かせます。

根の周りの出血を止めて歯を薬で消毒する。
そして最新鋭の接着剤でかぶせものを接着することで長持ちすることが多いです。
その接着剤をスーパーボンドといいます。

スーパーボンドでない従来の合着剤を用いた治療法では

□歯を抜きましょう
□かぶせものを作り直しましょう
□かぶせものは作れません

と、あきらめていたところです。

スーパーボンドは5種類の薬剤を患者さんに合わせて使い分けるので手間がかかります。
患者さんが口を開ける時間が長くなります。

欠点も多い材料です。
そのため一般的な歯科医院ではあまり使いたがりませんが長い目で見ると患者さんの様々な負担を減らして、良いことが多いです。

いとう歯科医院ではスーパーボンドを使って歯を残す治療を積極的に行なっています。

スーパーボンドは日本人の科学者が発明した歯科用の接着剤です。
強力な接着力が特長です。利点がたくさんあります。

・歯を削るのが最小限で治療できる。

・痛いなど不快なことが起こりにくい。

生体への害や刺激が少なく異物排除の反応も少ないので、接着してから腫れる、痛いなど不快なことが起こりにくい。

・応用範囲が広い。
歯と歯、歯と金属、歯とセラミック、金属と金属、金属とセラミックなど様々な物に接着できます。

・安定して長持ちする。
唾液でほとんど溶けないため他の接着剤やセメントと比べ安定して長持ちします。

・スーパーボンドを用いた治療は保険治療でできる。

一方、欠点もあります。

・かぶせものが高くなることがある。
接着剤自体の厚さがあることが原因です。
かぶせものが高いな、と気付いたらガマンしないで言ってください。

・治療に時間がかかる。
消毒や歯に対しての処理作業を丁寧に行なう必要があるため治療に時間がかかります。
そのため長いあいだ口を開ける必要があります。

・咬み合わせの力には弱い。
咬み合わせが高すぎて噛む力が過剰にかかると外れやすいです。
かぶせものが高い、噛むと当たる、違和感があるなど気になることがあったらガマンしないで言ってください。

半年ごとの定期的な検診で咬み合わせをチェックして適正な高さに削ることで長持ちします。
削るといってもミクロン単位で磨くようにするだけです。
しみる、痛いということはありません。

・痛い、合わないなど不快なことが起こったらガマンしないでください。
もちろん良く治るように細心の注意を払っています。
それでも治療後に痛い、合わないなど不快なことが起こったら、かぶせものを外さなければならないことがあります。

スーパーボンドで接着したものを外すのは時間と手間がかかります。
早めに対処した方が治療が最小限で済みます。

・歯磨きは一番大事です。
汚れが付いてバイ菌が発生するとバイ菌の侵入は防げません。
毎日の歯磨きと半年に一度の定期的な歯石取りを行なうことで歯は長持ちします。


スーパーボンドは研究され進化し続けています。

スーパーボンドは強力な接着力を持っています。
口の中は湿度100%、咬み合わせの力もかかる大変な環境ですが信頼できる性能があります。
歯、プラスチック、金属、セラミックと様々なものに対して接着力を発揮します。
人体への毒性が少ないのも、他のセメントにはない優れた点です。

スーパーボンドが他のセメントと比べて優れた性質を証明している文献を紹介します。

スーパーボンドは歯に対して優れた接着力を発揮します。
質問

セラミックと歯に対して優れた接着力を発揮します。
質問

保険治療で使われる金属と歯に優れた接着力を発揮します。
質問

プラスチックと歯に対して優れた接着力を発揮します。
質問

スーパーボンドは歯の神経に対して毒性が少ないことを示す文献です。
文献表題;
歯髄細胞の生育へのレジン接着材の影響
著者;N.Imaizumi,H.Kondo,K.Ohya,S.Kasugai,K.Araki,and N.Kurosaki(東京医科歯科大学)
文献;J Dent Res,vol 83 Spec Iss (IADR Abstracts),No. 0376,2004
概要;[目的]
接着材システムの応用範囲は歯髄の直接覆罩にまで拡がりつつあり生活歯の治療で成功例も報告されている。しかし歯髄にレジン系材料を適用した場合の歯髄細胞に及ぼす影響に関する研究は非常に少ない。そこで4-META/MMA-TBB レジン(スーパーボンド)がラットの歯髄細胞(RPC-C2A)の細胞活性に及ぼす影響を調べた。
[実験方法]
RPC-C2A 細胞は、通常のプラスチックプレート上、10% FBSを含んだα-MEM 培地、あるいはさらにスーパーボンドを添加した培地で培養した。20日間の培養後、歯髄細胞を集めてDNA 含有量を測定した。また培養細胞に占める死滅細胞の比率は種々の濃度のスーパーボンドで処理した培養細胞を細胞毒性評価キットで分析して求めた。
[結果]
20日後の時点で細胞中のDNA含有量はスーパーボンド処理プレートと通常プレートでほぼ同じであった。さらにスーパーボンド(濃度100 μM)はconfluent state で死滅細胞の比率に影響を及ぼさず、これはこのレジンが歯髄細胞に細胞毒性を示さないこと表す。
[結論]
これらの in vitro の実験結果はスーパーボンドは歯髄細胞に直接的な毒性を示さず歯髄の直接覆罩への適用に有益であることを示唆する。

《参考》
保険治療の症例 35
▲ページトップヘ
いとう歯科医院 いとう歯科医院
いとう歯科医院
ホ-ム保険で治す入れ歯とは費用に対する考え方なぜ入れ歯が早く快適に修理、調整、作製できるのか?症状別、治療方法のご案内料金表保険で行なった治療の症例よくある質問担当歯科医師あいさつ治療方針患者さんの声設備紹介院内風景プライバシーポリシー診療時間・地図・休診日のお知らせメールによる問い合わせはこちらサイトマップ
いとう歯科医院
いとう歯科医院
いとう歯科医院
保険で治す入れ歯治療のいとう歯科医院 JR西荻窪駅より徒歩7分 東京都杉並区松庵3-6-3 電話:03-3333-5389